【2023newest通信制高校比較】学費安い? 口コミ 卒業率から後悔しない選び方!

通信制高校は、近年、技術の進歩やインターネットの普及により、教材や学習支援システムが充実し、受講生にとっても学習しやすい環境が整ってきていると言われています。また、オンライン学習や動画授業など、遠隔地や地域に住んでいる生徒にとっても学びやすい環境を提供することができるようになってきています。

最近では「ネットの高校」と呼ばれる、オンライン学習を中心に、ネット授業やVR授業、ネットレポート提出、校内のコミュニケーションなどをフル活用した通信制高校が数多く開校されています。これらの高校では、学生が自宅や自分に合った場所で学習をすることができ、柔軟な学習スケジュールを組むことができるなど、様々なメリットがあります。しかし、オンライン学習だけで学ぶのは困難であるため、通信制高校は、定期的な面接や定期試験などの対面形式の授業を取り入れている学校もあります。

通信制高校選びは自分に合った学校を選ぶことが大切です。そのためには、複数の学校を比較・検討することが大切です。おすすめ人気ランキングだけで選ぶのではなく、自分に合った学校を見つけるためには、学校のウェブサイトや入学説明会などでの情報収集、学校見学、入学試験などを受けるなど、手間と暇をかけて選ぶことが必要です。
参考にしても最終的には、自分の目で学校見学をし、自分に合った学校を選ぶことがあなたに合った学校が見つかるはずです。
それに、通信制高校に限らず、高校選びは入学してからでは遅いため、事前にできることは全てやっておきましょう。

この記事では通信制高校の学費、口コミ、通いやすさ、コース、卒業率の5つの選ぶポイントを比較しているので学校選びの参考にされてください。

通信制高校学費を比較

通信制高校の学費は、自宅学習メインか、通学メインかによって異なります。また、公立通信制高校と私立通信制高校でも学費に違いがあります。さらに、授業内容や専門コースなどによっても費用は異なります。そのため、通信制高校学費については、具体的な学校を比較しながら確認しておきましょう。

通信制高校学費についての情報を提供しています。また、通信制高校の学費の中でも安い学校はどこか、学費の比較なども行っています。通信制高校の学費を比較し、自分に合った学校を選んでください。

公立通信制高校の学費と私立通信制高校の学費を比較

公立通信制高校と私立通信制高校の学費には大きな違いがあります。

公立通信制高校は、一般的には、入学金や授業料が比較的安く、地域によっては無料であることもあります。また、公立通信制高校は学生の経済的な状況に応じて、助成金などを支給することもあります。

一方、私立通信制高校は、入学金や授業料が高いことが多く、学費に関する助成金などの支援が少ないことが多いです。ただ、私立通信制高校は、教材や学習支援システムが充実しており、専門的なカリキュラムや指導が受けられることもあります。

それでも、公立通信制高校と私立通信制高校間では、学費に関しては決して一概に言えないので、自分に合った学校を選ぶためには、各学校の情報を収集し比較しましょう。

公立通信制高校の学費

公立通信制高校の学費は、入学料、授業料、その他の掛金などから構成されています。具体的には、入学料が500円、授業料が1単位336円であり、25単位分の料金は8,400円~で、日本スポーツ振興センター共済掛金が年間165円であることを考慮すると、学費の合計は約30,000円~60,000円になると考えられますが、これはあくまでも参考となります。各学校の具体的な学費は、学校のウェブサイトや入学説明会などで確認することができます。

私立通信制高校の学費

私立通信制高校の学費は、学校やコースによって大きく異なります。一般的には、入学料が20,000円~50,000円、授業料が1単位7,000円~10,000円程度です。また、自宅学習メインの場合、学費は18万円~30万円程度で、通学コースの場合は50万円~110万円程度です。

それでも、私立通信制高校の学費は、具体的には学校やコースによって異なります。

例えば、学校法人角川ドワンゴ学園のN高等学校の場合、入学金は10,000円、授業料は1単位7,200円で、25単位履修した場合は、施設設備費50,000円、教育関連諸経費13,000円が加算されるため、合計253,000円になります。

具体的な学費は、各学校の入学説明会やウェブサイトなどで確認することができます。私立通信制高校の学費は高い傾向にあるので、自分に合った学校を選ぶためには、各学校の情報を収集し比較することをおすすめします。

高等学校等就学支援金

公立通信制高校と私立通信制高校の選び方は、個人のニーズや希望によって異なります。しかし、高等学校等就学支援金を受けることができる場合には、公立通信制高校を選ぶことが望ましいです。

高等学校等就学支援金は、公立の通信制高校に通う生徒が対象となっており、授業料や受講料を無償にすることができます。これにより、学費の合計は最大年間11万8,800円が支給されるため、授業料や受講料が無償になり、学費の合計は約3万円から約2万円に減少することがあります。しかしながら、これはあくまで参考値となりますので、具体的な支給額は地域や収入などによって違いはあります。

私立の通信制高校は、公立の通信制高校に比べ費用は高くなりますが、様々なコースやカリキュラムがあり、学習をサポートしてくれます。学校によっては9割以上の卒業率があり、進学率も私立の通信制高校のほうが高いため、私立を選ぶ方も多くなっています。

しかし、私立の通信制高校を選ぶ場合には、学費の負担が大きいことも考える必要があります。そのため、高等学校等就学支援金などの支援制度を活用することで、学費の負担を軽減することができます。

選ぶ前には、自分のニーズや希望、学費に対する負担に合わせて、公立・私立の通信制高校を比較検討することが大切です。自分自身の能力や学習スタイルに合った学校、カリキュラム、指導体制などを考慮し、最適な学校を選ぶことが重要です。また、学費や支援制度に関する情報も収集し、費用面でも選ぶ上での要素として把握しておくことが望ましいです。

私立通信制高校では保護者の納めている市町村民税所得割額によって1単位あたりの最大支給額が異なります。
0円(非課税)目安年収250万円未満 :授業料1単位あたり最大支給額12,030円
5万1,300円未満目安年収350万円未満 :授業料1単位あたり最大支給額9,624円
15万4,500円未満目安年収590万円未満 :授業料1単位あたり最大支給額7,218円
30万4,200円未満目安年収910万円未満 :授業料1単位あたり最大支給額4,812円

私立の通信制高校の場合、保護者の財政状況によっては授業料が無償になることがあります。先ほど例としていた学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校を例に挙げると、市町村民税所得割額が15万4,500円未満の保護者であれば、7,200円×25単位の授業料が無償になり、学費の合計が253,000円から7万3000円になります。

私立通信制高校ならサポート校の利用が卒業と進学率アップにつながる

通信制高校サポート校は、自宅学習だけでは自分で学習ペースを管理できない方や、大学進学を目指している方の卒業、進学をサポートする学校です。サポート校に通うメリットとしては、自己学習による学習のペースを管理できるようになり、専門的なアドバイスや指導を受けることができるため、卒業や進学に有利になることが挙げられます。ただし、サポート校に通うためには、通信制高校の学費に加えて、サポート校の学費が必要になるため、費用は高くなります。

通信制高校学費比較安い学校は?

・通信制高校 NHK学園高等学校:通信コース190,000円(スクーリング:月1~2回)

・通信制高校 鹿島学園高等学校:通信コース190,000円(スクーリング:年1~3回)

・通信制高校 クラーク記念国際高等学校 :通信コース223,000円 (スクーリング:月2~3回)

・通信制高校 あずさ第一高等学校:通信コース240,000円(スクーリング:年13回)

・通信制高校 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校:通信コース250,0000(スクーリング:年5回程度)

・通信制高校 飛鳥未来高等学校:通信コース270,000円 (スクーリング:年20回)

・通信制高校 ヒューマンアカデミー高等学校:通信コース296,000円(スクーリング:年数回)

・通信制高校 第一学院高等学校:通信コース311,000円(スクーリング:年1回)

・通信制高校 ルネサンス高等学校:通信コース490,000円(スクーリング:年4回)

上記に掲載されている学校は通信制高校の一部です。これらの学校は、学費が異なり、スクーリングの有無や、スクーリングの料金が異なります。また、学校によっては、学習サポートの充実度や学科の選択肢も異なります。これらの情報を元に、自分の夢や目標、学習スタイルに合った学校を選ぶことが重要です。まずは資料請求をして、詳しい学校情報を確認し、気になる学校が見つかったら説明会などに参加して、学校の雰囲気を体験することをおすすめします。
通信制高校の一括資料請求はコチラ http://www.zba.jp/tsushin-highschool/

通信制高校口コミで比較

口コミは参考になる情報の一つです。しかし、良い口コミや評判だけでなく通信制高校の生活に不満があったり、後ろ向きな発言もある可能性もあるため、口コミだけで学校の選択を決めないようにしましょう。

正確な情報を知りたい場合は、各学校の公式サイトや資料請求をしてカタログ、公式に発表されている言葉、または通学生や卒業生に直接聞くことをおすすめします。通信制高校での生活に興味がある場合は、学校に直接問い合わせることで、カリキュラムや授業のスタイル、サポート体制などについての情報を入手することができます。

N高等学校・S高等学校の口コミ評判

体調不良で全日制に通うのが難しくなったため、転学しました。スクーリングを除き、オンラインで授業が受けられるので、24時間体調の良い時だけ勉強しています。本人が留年して同級生と同時期に卒業できない不安を抱えていたのですが、将来に希望が見えました。
学費は安い方ではありませんが、課外のプログラムや各種ツールを使うにあたってのサポート体制が充実しています。また、常に他の生徒全員と連絡が取れるコミュニケーションツール(slack)があり、自分の積極性次第で人脈は際限なく広がりますし、自由に使える時間も多いので大抵のことはできることも魅力だと思います。

ルネサンス高等学校の口コミ評判

ルネサンス高等学校に入学させていただいたのですが、自分のペースで通えるので無理なく3年間を過ごすことができました。自分の時間をきちんと持てる事が1番のおすすめです。又、先生達のサポートもとても素晴らしく、自由登校でも自らの意思で学校に行きたいと思える学校です。
授業料も安く通信高校という事で不安でしたが先生達から連絡や相談にも乗って貰えて安心感がありました。授業内容や単位の取得等も分かりやすく説明して貰えたので保護者としても子供を納得して入学させる事が出来ました。

クラーク記念国際高等学校の口コミ評判

国数英は習熟度別授業で、個々のレベルに合わせて分かれるので、理解しやすいようです。テスト等により時々レベルが変わる事もあります。全日型と、週2or月何回かコースがあり、入学時は週2でも途中から全日に変われるし、戻ることも出来ます。月ごとで変われるとか。変わる際にはお試しもあるようです。生徒は皆担任の先生を選べます。
全日型で平日通学するタイプのコースに通学。そのほかに週一コースやネットだけのコースもあったかと思います。タブレットで単元ごとに予習復習できるところや、少人数のためわからないところがあるとすぐ聞くことができる、全国の大学とクラークだけの指定校推薦枠があり、1年からコツコツ頑張っていて内申も充分ありそうなので、希望の大学に推薦でチャレンジできそうです。

おおぞら高等学院の口コミ評判

コロナ禍でのオンライン授業の導入の速さです。公立高校は対応が難しくオンライン授業が出来なかったと聞きましたし、私立高校も出来るところと出来ないところの差が出てた中、通信はオンライン授業対策は早かったので良かったと思いました。
はじめは週5通学コースでしたが授業がなくても自力でレポートを終わらせる事ができると思い途中から週2のコースへ変更しました。

トライ式高等学院の口コミ評判

大学受験を希望しているので、通信制高校に不安はありましたが、ノウハウを持った先生方が親身に接してくださります。先生方やスタッフさんとの距離が近く、自由な雰囲気の中のびのびと過ごすことができます。
授業がとても分かりやすくすごく自由な環境で勉強させていただいております。イベントや行事がすごく充実しており学校に行くのが楽しくなっています。

勇志国際高等学校の口コミ評判

ネット生として転入しました。スポーツをやっているので、自分でスケジュールを立てて、学習する時間を決めて勉強しています。質問などもすぐに先生に問い合わせできて助かっています。公立高校からの転学でしたが、自分のペースで学習することができて、今までより意欲的に取り込むことができて良かったと思っています。

鹿島学園高等学校の口コミ評判

キャンパスが多いので、自分に合ったキャンパスを選ぶ事が出来、入学時期は今直ぐと、4月からではどちらがメリットがあるか、学費面、成績面を総合的に考えてアドバイスを下さいました。大学入学の実績もしっかりあり、先生のサポートも優しく丁寧で信頼出来る良かったです
キャンパス内の雰囲気もよく、レポートもそこまで量は多くないので自分の時間をゆっくりとれます。学校も卒業できますし、自分のしたいことの能力も伸ばせるのでとても満足しています。

飛鳥未来高等学校の口コミ評判

学校行事やイベント事が多くとても楽しいです。先生や生徒もとても接しやすく充実した学校生活が送れています。無理に学校に行く必要がなく自分のペースで学習できるので、自分のやりたいこと頑張りたいことに時間を費やすことができ、とても満足しています。
やりたいことが見つかりそうでとっても楽しみでワクワクしてます。色んな行事もあるそうなのでそれも楽しみです。通信でここ選んで大正解だな思えました。

中央高等学院の口コミ評判

職員の方がとても丁寧に説明して下さって好印象を持ち入学を決めました。入学後も先生方はじめ皆さんのおかげで、学校の雰囲気も良いのか何事にも興味を示さずやる気もなさそうで心配でしたが、少しづつ前向きになってきているように感じられます。

(資料請求)通信制高校口コミ参照 http://www.zba.jp/tsushin-highschool/

通信制高校比較サイトでは通信制高校の資料請求だけでなく通信制高校に通っている学生や保護者からの口コミや評判を見ることができるので参考になります。

通信制高校通学頻度、通いやすさで比較

通信制高校には自宅で学習する通信型と、キャンパスに通学して学ぶ通学型があります。通信型の通信制高校は、年に数回登校すれば良い学校もありますが、通学型の通信制高校は週に3日、5日など通学頻度を選べる高校が多い傾向があります。

通信型の通信制高校の場合は、学習のスタイルに合わせて自分のペースで学習を進めることができます。通学型の通信制高校は、自分の体調や仕事などに合わせ通学頻度を調整することができ、登校日に行けなかったとしても欠席扱いにはならず、単位を落とすことには直接繋がりません。

ただし、通信制高校は自己管理能力が求められるため、自分自身が学習のスケジュールや進度を管理しなければならないため、自己管理に長けている人には適していると言えます。また、自己学習に慣れていない人や、自分から学習を始めるのが苦手な人は、通信制高校での学習には向いていないかもしれません。

通信制高校は、通学と通信の両方の方法を利用することで、学習スタイルや生活スタイルに合わせた学習をすることができるという特長があります。自分に適した通信制高校を選ぶためには、自己管理能力や学習スタイルを考慮しながら、各学校のカリキュラムや授業のスタイル、サポート体制などを確認することをおすすめします。

近くの通信高校(狭域)だけでなく全国(広域)で通いやすい学校も探す。

近くの通信制高校は通いやすいというメリットはありますが、選択肢が狭まり、希望の条件に満たない場合もあります。そのため、全国にある通信制高校を検討することで、コースやスクーリング、学習サポートなど、希望の条件に満たす学校を見つけることができるでしょう。しかし、遠方から通うためには、交通費や住宿費などの費用がかかることがありますので、自分の余裕や予算を考慮しながら、適した通信制高校を選ぶ必要があります。

近くの通信制高校に目的としているコースがある、通いやすいという方は運がいいですが、学校が近いからという理由だけで通信制高校を選んでしまうと、当初の目的である高校卒業という目標が達成されない可能性もあります。

通信制高校には狭域通信制高校と広域通信制高校があり、それぞれに特長があります。広域通信制高校は全国から生徒を募集して入学可能で、独自のカリキュラムやスクーリング日数が少ない、オンライン授業などの教育環境が整っていることが特徴です。狭域通信制高校は都道府県のみで生徒を募集しており、スクーリングの時に自宅から通いやすいように近くの通信制高校を選んでいる生徒が多く通っています。学費も安い学校が多いのも特徴です。理由としては、狭域通信制高校のほとんどが公立の通信制高校だからです。

通信制高校学習の特徴とコース比較

通信制高校は学習システムやコース・特徴などが異なるため、将来の目標に合った通信制高校を選ぶことが重要です。あなたの目的に合った学校を見つけるためには、通信制高校の一覧を見て比較すると参考になります。一覧を見ることで、自分に適した学校を見つけることができるでしょう。

クラーク記念国際高等学校の特徴とコース

特長

・スクーリングは在宅ウェブメインだと月1~2日、単位制、週1~5日コースによって異なります。

・全国に11,000人以上の生徒が通っている通信制高校。

学費

目安23万円(年間)~

コース

総合進学コース、パフォーマンスコース、インターナショナルコース、ペット生命科学コース、保育・福祉コース、食物栄養コース、美術デザインコース

ヒューマンキャンパス高等学校の特徴とコース

特長

・自宅学習メインの通信型と週1日~5日自分で選べる通学型があります。

・専門機関と提携、自分の進みたい分野を学べる。

学費

目安30万円(年間)~

コース

一般通信コース、通学コース、専門チャレンジコース、専門コース

第一学院高等学校の特徴とコース

特長

・通信コースのスクーリングは年1回だけ大学進学に強く高認試験も対応しています。

・自宅学習メインのMobile HighSchool(通信コース)と個別指導塾のWサポートで高校卒業と進学を目指せます。

学費

目安31万円(年間)~

コース

普通コース、進学コース、芸能・エンタメコース、美容コース、スポーツコース、ペットコース、社会人基礎力養成コース

飛鳥未来高等学校・飛鳥未来きずな高等学校の特徴とコース

特長

・スクーリングはベーシックコース年間20日程度、他のコースはスクーリングは週1日~、週5日

・学校行事がたくさんあって参加できるため友達とコミュニケーションがとりやすい

・美容師免許取得コースや福祉、医療事務などグループ校を活かした専門科目も学べる

学費

目安29万円(年間)~

コース

ベーシックコース、スタンダードコース、3DAYコース、5DAYコース

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校

特長

・通信コースのスクーリングは年に5日間程度

・将来へ繋がるオリジナル授業であるAdvanced Program(アドバンスト プログラム)を数多く用意。

・ネットと通信制高校の制度を活用して効率的に学習を進められます。

学費

目安25万円(年間)~

コース

ネットコース、通学コース、本科クラス、通学コース、プログラミングクラス、【提携スクール】マイセレクトコース、【提携スクール】代ゼミNスクール

NHK学園高等学校の特徴とコース

特長

・スクーリングは年に5日間程度

・NHK高校講座を視聴してレポートを提出、効率的に学べるので少ない登校日数でOK

学費

目安20万円(年間)~

コース

ベーシックコース、ネット学習コース、教養コース、ネット学習Doitコース、海外特科コース

学校法人恭敬学園 北海道芸術高等学校の特徴とコース

特長

・スクーリングは年1回、自宅学習だけでなく週1日~週5日自分の環境に合わせて通えます。

・高校卒業資格だけでなくアートやエンタメに特化した専門分野が学べます

・プロフェッショナルな講師から指導してもらえるので目標を持って学校生活が送れます。

学費

目安25万円(年間)~

コース

マンガ・イラストコース、声優コース、ファッション・ビューティーコース、美容師コース、ミュージックコース、ダンスコース、美術コース、総合進学コース

通信制高校だからこそ可能な夢や目標をもって学習できる環境が見つかります。

通信制高校入学、転入・編入は卒業率で比較

通信制高校に入学する前に、自分のニーズに合った学校を選ぶことが大切です。入学してから思っていたのと違ったという方は少なからずいるようです。

例えば、

・登校日数が多かった

・学校がサポートしきれなかった

・大学進学が難しそうだった

・スクーリングが遠かった

・入学するコースを間違えた

これらの問題を回避するためには、入学前に学校のカリキュラムやスクーリング、進学先などを調べ、自分に合った学校を選ぶ必要があるのです。

近くの公立通信制高校は通いやすく、学費も安いのが特徴ですが、学習に対するサポートはあまりなく、自力で頑張る必要があります。

そのため、卒業率も公立通信制高校の方が卒業率は低くなります。一方で、私立の通信制高校は費用は高くなりますが、様々なコースやカリキュラムがあり、学習をサポートしてくれます。そのため、学校によっては9割以上の卒業率があり、進学率も高いことが特徴です。

私立の通信制高校では学費は高くなりますが、高等学校等就学支援金を利用すると世帯収入によっては授業料1単位あたり最大支給額4,812円~12,030円支給されるため、経済的負担は軽減されます。また、全国の通信制高校に入学できる学校もあり、不登校で勉強を苦手としている生徒の学習サポートをしている学校もあります。コース、スクーリングも様々で、週5日通うコースや自宅学習、オンライ授業メインで年間1~5日通うだけのコースもあります。

通信制高校の中退率、卒業率は学校で違いがある

通信制高校を選ぶ際には、卒業率や中退率も重要な基準として考慮するべきです。データによれば、令和元年度間では、私立の通信制高校の中退率は私立通信制が4.7%、公立通信制が8.2%で、中退率が少ないということは同時に私立の通信制高校の方が高い卒業率を誇っています。

参考:通信制課程の年度間退学者数(公私別推移)

これは、私立の通信制高校では学習をサポートしてくれるため、生徒が卒業することができるからだと考えられます。

一方、公立の通信制高校は学費が安いという理由で選ぶことが多いですが、学校からの学習サポートが不十分だったり、登校日数が多かったりすることがあり、学習に苦労する生徒が多いため中退率が高いと考えられます。

通信制高校を選ぶ際には、自分に合った学校を選ぶためには卒業率や中退率も重要な基準に加えて考慮することが必要です。

通信制高校の入学、転入、編入するなら卒業率の高い学校へ!

全日制高校と比較すると通信制高校は卒業率が低いというのが現状ですが、私立の通信制高校の中には全日制高校よりも高い卒業率を誇っている学校もあります。

校によって卒業率を公式サイトで公表しているので紹介しますね。

・興学社高等学院:98.9%

・わせがく高等学校 :卒業率98.9%

・クラーク記念国際高等学校 :卒業率98%

・ルネサンス高等学校:卒業率97%

他にも公式では発表されていませんが、卒業率の高い私立の通信制高校は多くあります。学校によっては卒業率100%近くの学校もあるようなので、卒業率について学校に問い合わせてみてください。

通信制高校比較する時に追加で比較して選ぶポイントまとめ

通信制高校比較したいポイントは学校の制度やカリキュラム、卒業生の進学先、就職先などを比較して、自分に合った学校を選ぶために必要な情報を調べることが目的であると考えられます。また、通信制高校は通常の高校とは異なる特徴を持っているため、それらの違いについての情報も知りたいのではないでしょうか。

通信制高校の比較において、追加で比較しておきたい内容としては、以下のようなものが考えられます。

学習のやり方:通信制高校では、自宅で学習を行うため、学習方法やスケジュールの自由度が高いと言われています。しかし、自己管理能力が求められるため、自分に合った学習スタイルを持っているかどうかも重要です。

カリキュラム: 通信制高校のカリキュラムは通常の高校と異なることがあり、自分が受けたい教科や専門性を持った教育を受けることができるか確認することも重要です。

卒業後の進路:通信制高校の卒業生は通常の高校生と同じように大学や就職、短大などの進路を選ぶことができます。しかし、通信制高校出身者は入学者の背景や経験がバラバラであるため、通信制高校卒業生の就職先や進路を調べ、自分に合った選択肢があるか確認することも大切です。

教材・教育リソース: 通信制高校では、学習に必要な教材や教育リソースが提供されるため、どの程度の教材や教育リソースが提供されるのか、どの程度使用することができるのか等も知っておくことが重要です。

教育の質:通信制高校は通常の高校と異なる教育方法を採用しているため、教育の質がどの程度であるかを調べることが重要です。

指導体制:通信制高校では、自宅で学習を行うため、指導体制がどの程度であるかを調べることが重要です。

コミュニティ:通信制高校では、学校に通うことができないため、オンライン上でのコミュニティがどの程度であるかを調べることが重要です。

経済的な負担:通信制高校は通常の高校よりも経済的な負担が少ないと言われていますが、その程度を調べることが重要です。

以上のように、通信制高校の比較においては、学習のやり方やカリキュラム、卒業後の進路や教材・教育リソースだけでなく、教育の質や指導体制、コミュニティや経済的な負担なども重要な項目であることが分かります。

通信制高校は全国に複数あり、ネットの情報だけで調べて比較することは困難です。

気になる通信制高校の新しい正確な情報資料、パンフレットを一括請求できるサービスもあるので活用して、学校の詳細を比較してみてください。

通信制高校の無料一括資料請求して比較

通信制高校の学費は学校やコースによって異なります。それぞれの学校によっては、学習サポートの充実度やスクーリングの日数、通いやすさなどが異なります。

そのため、自分の夢や目標、学習スタイルに合った学校を選ぶことが重要です。

まずは資料請求をして、詳しい学校情報を確認し、気になる学校が見つかったら説明会などに参加して、学校の雰囲気を体験することをおすすめします。

全国にある個性豊かな通信制高校・サポート校・高卒認定予備校の資料やパンフレットを一括で申し込みできるサービスで学校を比較してみてください。
「学校の特徴」や「学校生活」「卒業率」など、気になる情報も紹介されているので参考になります。
通信制高校の資料請求はコチラ http://www.zba.jp/tsushin-highschool/

【無料一括資料請求】通信制高校比較サイトの口コミと評判も紹介しているので通信制高校比較についてチェックした後にはこちらも確認して下さいね。

関連記事

ページ上部へ戻る