【2024newest】車を売るならどこがいい 知恵袋ではわからない車買取店を比較!

このページにはPRリンクが含まれています

「車を売るならどこがいい 知恵袋」とは「車を売るならどこがいい」という質問に対する回答として、「知恵袋」というオンライン掲示板サイトが挙げられます。知恵袋は、さまざまなテーマに関する質問や回答を投稿できるQ&Aサイトであり、車を売る際にも有用な情報が豊富にあります。

知恵袋には、車を売る方法や、買取業者の選び方、個人売買の注意点などに関する質問や回答が多数投稿されています。また、車種や地域によって異なる売却価格の相場情報や、中古車買取業者の評判なども掲載されています。

車を売るならどこが高いのか?愛車を売るならできるだけ高く売れる方法がいいですよね。最近ではネットの情報をフル活用してディーラの下取りだけでなく中古車買取店を選択する方が増えています。

しかし、数多くある車買取業者どこがいいのかわからない、クルマのレビューサイトや知恵袋などの口コミや評判は本当?という方も多いはず。

車を売るならどこがいい 知恵袋で人気の車買取業者比較ランキングと車買取業者の口コミや評判から車を売るならどこがいいのか?について解説しています。

買いたい人必見! 市場に出ない【お得】な中古車!お得な非公開車両を見る

車を売りたい人必見!一括査定で価格比較!愛車の価値を調べる

車を売るならどこがいい?売却方法

車を売る際には、いくつかの方法があります。車を売るならどこがいいのかを知恵袋を調べてみると以下のような方法が挙げられています。

中古車買取専門店:中古車買取専門店は、車を高く売るためのオプションの1つです。買取専門店は、車を直接買い取るため、売却手続きが迅速かつスムーズに行われます。また、オンライン見積もりや出張査定もあり、手間をかけずに買取価格を知ることができます。

オンライン中古車買取業者:近年、オンライン中古車買取業者が増えています。これらの業者は、オンラインで車の情報を入力するだけで、即座に買取価格を提示してくれます。オンライン中古車買取業者は、時間や手間をかけずに車を売ることができますが、査定額には業者によって差があることがあります。

ネットオークション:ネットオークションサイトに出品することで、多くのユーザーに見てもらうことができます。競合があるため、高値で買い取ってもらえる可能性がありますが、売却手続きに時間がかかる場合があります。

販売店:新車購入時に下取りを利用する場合、販売店で車を売却することもできます。下取り価格は、販売店によって異なりますが、車種や走行距離、車の状態によって評価されるため、買取専門店と比較して安くなる場合があります。

個人売買:個人売買は、買取業者や販売業者よりも高値で車を売ることができますが、手続きが煩雑でトラブルが起こる可能性もあります。買い手との交渉や手続きに慣れていない場合は、専門家のアドバイスを得ることをおすすめします。

以上のオプションを比較して、自分に合った売却方法を選ぶことが大切です。また、車を高く売るためには、車の状態をきちんと整備し、洗車や内装の掃除など、美しく見せることが大切です。

おすすめ大手車買取会社比較ランキング

車買取会社とは、車両を買い取ることを手掛ける会社のことを指します。車買取会社は、車両を売却したい人から車両を買い取り、その車両を再度販売することで収益を得ることができます。車買取会社には、車販売会社や中古車販売店などが含まれます。車両を売却する際には、車買取会社を検討することもできます。

車買取業者や車買取会社は、車両を買い取ることを手掛ける会社や個人のことを指します。一方、ディーラーとは、新車や中古車の販売を行う会社のことを指します。

車買取業者や車買取会社は、車両を売却したい人から車両を買い取り、その車両を再度販売することで収益を得ることができます。一方、ディーラーは、新車や中古車を販売することで収益を得ることができます。

つまり、車買取業者や車買取会社は、車両を買い取ることを主な業務とするのに対し、ディーラーは車両の販売を主な業務とするという違いがあります。

そのため、ディーラーの下取りに比べて「買取業者の方が高く売れる」と知っている方も多くなり、車を売るなら車買取専門店に査定を依頼する方が増えています。

では、どこの車買取業者がいいのか?買取業者の口コミや評判からおすすめ大手車買取業者をご紹介いたします。

2022年オリコン満足度調査ではこのような車買取業者ランキングになっています。

ランキング 年度 2022
1位 オートバックスカーズ 78.1
2位 アップル 77.6
3位 カーセブン 77.0
4位 ユーポス 75.7
5位 ラビット 75.3
6位 ホンダ販売店 74.3
7位 トヨタ販売店
トヨタのクルマ買取(※旧T-UP)
74.0
8位 日産販売店 73.7
9位 ダイハツ販売店 73.3
10位 カーチス 73.0
11位 ネクステージ 72.6
12位 ガリバー 72.0
12位 ビッグモーター 72.0
14位 スズキ販売店 71.8
15位 ティーバイティーガレージ 68.0

※出典:オリコン日本顧客満足度ランキング 車買取会社

このランキングの中で注目の車買取会社の口コミを見ていきましょう。

車買取会社の特徴口コミ、評判は参考になる?

車買取業者の口コミは、その車買取業者を利用した人々からの評価や感想を知ることができるため、参考になることがあります。良い口コミをたくさん持っている車買取業者は、サービスが良く、スムーズに取引ができる可能性が高いです。また、悪い口コミが多い車買取業者には、注意が必要です。車買取業者を選ぶ際には、複数の口コミを参考にして、信頼できる車買取業者を選んでみてはいかがでしょうか。

車買取業者を選ぶ際には、口コミだけでなく、その車買取業者が提供するサービスや特徴、買取価格なども比較してみるとよいでしょう。また、車買取業者を選ぶ際には、自分が持っている車の状態や車種、年式などを考慮して、それに合った車買取業者を選んでみることも重要です。車買取業者は、買取対象となる車種や車両の状態によって、買取価格が大きく異なることもあるので、注意が必要です。車買取業者を選ぶ際には、自分が持っている車についての詳細を知っておくことで、より良い取引ができるかもしれません。

オートバックス・カーズ 評判 車買取査定の口コミ

オートバックスカーズは、車買取業者として、社外装備に対する評価が高く、特許を取得した独自の査定システム「査定Dr.」を採用していることが特徴です。「査定Dr.」により算出される「確定買取額」は、5日間保証されるため、見積書を持ちかえって家族や知人と相談することもでき、他社との相見積もりの材料にも使えるため、オートバックスカーズの評判を引き上げています。ただし、買取額が最も高いかと言えば話は別であり、マニュアル化されているため、平均的な買取額が出されることも多く、人気の高い社外装備でもついていない限り、他社と同等、もしくは安いケースも多いといわれています。そのため、単独で依頼するよりも、5日間の保証期間を活用して、複数社で買取額を比較することをおすすめします。

社名 オートバックスカーズ(株)オートバックスセブン
本社所在地 東京都江東区豊洲五丁目6番52号
代表者 小林喜夫巳
売上高 2,204億4,900万円(2021年3月期)
店舗数 393店舗
今回初めて一括査定サイトへ登録しましたが、驚くほど多くの買取店から連絡が入りました。そのため数回に分けて2〜3社が一緒に査定する形になりました。一緒に査定する中では集まった買取店から、この場で入札して決めて欲しいとの提案もあり、高価買取を期待すればそれもありかもとは思いましたが、折角の機会なので皆さんから愛車の評価を聞きました。その中で一番お話しを聞いて好感を持てたのが、オートバックスカーズさんでした。買取価格も良かったのですが、それよりも査定した車の事を一番知ってあったので嬉しくなり愛車を託すことができました。
4〜5社査定して頂きました。初めてのメール登録から折り返し電話までの対応が早くて少し驚きましたが、査定に来て下さった方の対応が一番でした。
大事にしてた車だったからこの方だったらお任せしたい!!思いました。
他社さんとも殆ど金額は変わらない感じでしたが、やはり対応1番のオートバックスさんに決めさせて頂きました。
今回13年乗った愛車を泣く泣く手離すことになり、査定をお願いしました。
査定のサイトに登録し、色んな業者から電話が入りました。
中には査定額も出ず無料で引き取りますという所もありましたが、買取をして頂けるという3社に査定して頂きました。
その中でオートバックスさんが1番高値の査定額を出して頂きました。
予約して行きましたが、キチンと買取価格を明記した「見積書」を作成してくれたので信頼出来ます。すぐに売却を判断しました。。
他店より50万も高い価格でした。査定の時間も短く丁寧な対応でした。
他店は携帯電話にしつこくTELしてくるけど、ここはまずはメールなのも気に入りました!

参照:オートバックス・カーズグーグルマップ

BIGMOTOR(ビッグモーター)評判 車買取査定の口コミ

ビッグモーターは、店舗数が多く、自社工場を完備していることが特徴です。また、買取台数が5年連続で1位を記録していることでも知られています。そのため、ビッグモーターは、一般的な買取業者よりも、高い買取査定額を出すことができるとされています。ただし、ビッグモーターは、販売時の諸費用が高めであるといわれており、店頭のプライスボードや情報サイトに記載する本体価格を下げることで集客を図っているとされています。これは、大量の在庫車を保有しており、数多くの直販を行うことで利益を上げている車業者にとって、集客を最大の課題とするためです。中小業者の場合は、ビッグモーターのように大量の在庫車を保有しておらず、諸費用で利益を確保することができないため、同じ手法を取っても1台当たりの利益を確保するためには、買取額を下げることが必要であるとされています。そのため中小業者の場合は、買取査定額が低いと感じることがあるかもしれません。車買取業者の選択をする際には、複数の業者で車買取価格を比較することをおすすめします。また、車買取については、店舗での車査定だけでなく、オンラインでの車買取査定を行っている車買取業者もあるので、複数の業者で車買取価格を比較してみるとよいでしょう。

社名 BIGMOTOR(株)ビッグモーター
本社所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F
代表者  兼重宏行
売上高 6,500億円(2020年10月~2021年11月)
店舗数 300店舗
初めは娘の車の購入で他店にも行きましたが、こちらのスタッフさんが一番感じが良かったので、家からは少し遠くなりましたがこちらで購入しました。
話しやすくとても気の回るスタッフさんで保険のことまですべて手際よく手続きが出来ました。
走行距離800km 購入から3ヶ月の車を売りに行った。
購入価格250万の車が手元に200万 それに30万の軽がついてきた。
上々だと思う。
走行距離800km 購入から3ヶ月の車を売りに行った。
購入価格250万の車が手元に200万 それに30万の軽がついてきた。
上々だと思う。
親切、丁寧に修理のご対応いただきありがとうございました。店舗も綺麗で清潔で今後も利用したいと思いました。
とても綺麗なお店でスタッフの対応も良く、無料ドリンクもあって待ち時間も快適に過ごせました。また利用したいと思います。

参照:ビックモーターグーグルマップ

ガリバー 評判 買取査定の口コミ

ガリバーは、従来の「薄利多売」スタイルから、「専門販売店舗」を展開することで、直接販売にシフトしており、他社を出し抜いているとされています。そのため、同社は、王座返り咲きを狙っているとされ、ワンランク高い買取査定額を出すこともあるとされています。特に、ビッグモーターとの競合は、最も激しいとされています。そのため、この2社に限っては、売却候補から外さない方が良いとされています。ただし、ガリバーの営業マンは、中古車業界で有名であり、他社との買取比較をさせないような巧みなトークをすることがあるとされています。そのため、初心者は、特に、一番最初にガリバーへ査定依頼をせず、初回以降に回すようにするとよさそうです。車買取業者の選択については、買取価格だけでなく、営業スタイルや値段の設定方法なども考慮する必要があります。また、同社のように、他社を出し抜くために高い買取価格を出す場合もありますが、そのような場合でも、他社での買取価格を比較して、自分にとって最もメリットがある業者を選択するようにすることが大切です。さらに、車買取については、店舗での査定だけでなく、オンラインでの査定も行っている業者もありますので、複数の業者で車買取価格を比較することで、より良い条件で車を売却することができるかもしれません。

社名 ガリバー(株)IDOM
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-7-1-3 東京ビルディング25階
代表者 羽鳥 由宇介羽鳥 貴夫
売上高 3,067億円(2022年2月期)
店舗数 約500店舗
担当してくれたスタッフも丁寧な対応をしてくれて満足すぎる契約ができました!店長さんもこちらの細かい要望に気持ち良くご対応頂き感謝です!!
初めてのことで、分からないことだらけだったのですが、スタッフの方が丁寧に説明して下さいました!!
安心して利用できました!ありがとうございました!
迅速にご対応頂きとても感謝しています。
ディーラーですと、査定や持ち込みの際もこちらからディーラーまで行く必要があると言われ、ガリバーさんですと全て来て頂き大変助かりました
当日連絡して、いきなり無茶をお願いしたにも関わらずいい金額を提示して貰いました。
話もわかる素敵な担当の方に対応頂いて、お得した気分です。
ガリバーフリマからの売却で入庫しました。
入店時は消毒〜検温とコロナ対策は万全です!
スタッフさんの対応もとても丁寧で愛車を預けるのにも安心できました。

参照:ガリバーグーグルマップ

アップル 評判 車買取査定の口コミ

「アップル」は車買取専門のフランチャイズで、1989年に最初の店舗が開業したとされる業者です。「アップル」は愛知県豊田市に本社を構え、車買取だけでなく、中古車の販売やオークションへの出品も行っています。同社は海外市場でも販売ルートを確立しており、日本では売れにくい低年式や過走行な中古車でも、他社よりも高く買い取ってくれるという評判を得ています。2022年 オリコン顧客満足度®調査 車買取会社 売却手続き 第1位を獲得しているため、車査定を複数社依頼する際の1社に入れておいた方がよさそうです。

社名 アップル(株)
本社所在地 東京都中央区日本橋1丁目16番11号 日本橋Dスクエア 9階
代表者 久保 和喜
売上高 70億93百万円 (2021年12月期)
店舗数 250店舗
ネットの一括査定で多くの買い取り店から連絡が来ましたが、古い車というのもあり、査定額が付けられないという事が殆どでした。
アップル世田谷店だけは具体的に何万円~何万円くらいの買い取り価格になりますと連絡が来ました。すぐに見に来ていただき、査定してもらいました。車の買い取り価格、丁寧なご対応ともに大変満足しております。
他店での下取り価格に納得が出来ず悩んでいたところ、友人の紹介でこちらに連絡しました。
電話での対応も丁寧で、すぐに査定に来て頂けました。担当のスタッフは爽やかで印象が良く、話も分かりやすくて助かりました。
そして、他店の下取り価格より10万以上高い値段でした!!
12年乗った車を買い取ってもらいました。
スケジュールもこちらに合わせていただきスムーズに取引ができました。
値段も納得いくものでしたので満足です。
買い替えでアップルさんでお世話になりました。
最初から最後までの丁寧な対応に満足しました。
私は対面して調子が良すぎる様だったら断ろうと決めていましたが、誠実で安心できました。流石に大御所って感じです。
次の買取もお世話になりたいと思います。ありがとうございました。
一括査定サイトを利用し、10社から金額提示を受けました。まる一日査定に立ち会った甲斐があり、満足のいく価格をご提示していただきました。担当者も迅速で、丁寧に対応していただき感謝しています。

参照:アップルグーグルマップ

カーセブン 評判 車買取査定の口コミ

カーセブンは、中古車買取業者としてフランチャイズ経営を採用している会社です。地元に根付いたオーナーが運営しており、店舗ごとに自由な風潮があるといわれています。カーセブンは、消費者が安心して車を売ることができるように「安心宣言」を公開しています。これには、契約後の減額はしない、車両引き渡し後7日間までキャンセルOK、当日中に前払い、契約後のキャンセル0円、キャンセルは電話1本でOKなどが含まれます。また、カーセブンはJPUCの買取業者が適正な店であるという認定制度を採用しており、買取額の高さについても好評を博しています。

社名 カーセブン(株)カーセブンディベロプメント
本社所在地 東京都品川区大崎2丁目11-1大崎ウィズタワー23階
代表者 井上貴之
売上高 26億1879万円(2017年9月期)
店舗数 150店舗
過走行、エアコン効かない状態のプリウスαにもかかわらずスタッフの方々の親切丁寧な対応がとても素敵ですぐに売却を決めました!
今回、長年乗っていた軽自動車の査定に来店しました。
来店してすぐに冷たいお茶を提供してくださりました。その後、迅速な対応でスタッフさんからの査定に関する質問などを受けました。待っている間のサービスではスマートフォン充電、wifiサービスもあり良いサービスだと感じました。
車の売却で来店しました。
丁寧かつ迅速な対応で、高価格で買取頂きました。
また、機会があったら利用させて頂きたいと思います。
買取価格だけでなく、とても信頼のできる会社、担当者の方々でした。安心して買取契約ができました。
売却一括査定でこちらにお願いしました。
誠実です、他店に見られるような客との駆け引きは全くしてきません。かと言って査定額が決して低いわけではなく、一番高値をつけてくれました。
またありがちな相場帯を口約束だけでしたりするようなこともありませんでした。特に営業の電話攻勢もしつこいわけでもなく客のスタンスに合わせるといった感じです。

参照:カーセブングーグルマップ

ユーポス評判 車買取査定の口コミ

株式会社ユーポスは1995年に株式会社南港カーシティ内に事業部が発足し、1999年に設立されました。2018年度の売上高は12億円であり、取扱高は196億円でした。店舗は全国的に展開しており、関西を中心に運営されています。ユーポスではカーナビや革シートなどを細かく査定し、動作や状態に問題がなければプラス査定を行います。また、エアロパーツやアルミホイール、マフラーなどもプラス査定ポイントになっています。ユーポスは、関西最大級の業者間オークション「ベイオーク」との関係が深く、車買取専門チェーンとしては定型的な転売型の企業です。書類が揃っていれば最短翌日に代金が振り込まれる買取のスピード感も魅力的です。ユーポスは在庫を持たず、売れ残りも出ないので、販売店の維持費もかかりません。そのため、さまざまなコストやリスクを抑えることができるので、買取に注力することができます。

社名 ユーポス(株)ユーポス
本社所在地 大阪市西区新町1丁目28番3号四ツ橋グランスクエア3階
代表者 柏原隆弘
売上高 14億円(2021年度)
店舗6 60店舗以上
査定対象の車がBMWだったのですが、輸入車専門に販売もされている会社なので、輸入車に大変詳しく、安心して大事な車を任せることができました。
買取価格も満足いく評価をしてもらい、手続きもとてもスムーズに処理できました。
一括査定サイトに登録した所、10社以上から連絡が有り、全てから価格を提示してもらいましたが、その中での東京ユーポスの応対が一番丁寧で、車の事にもとても詳しくとても信頼出来る方でした。査定も他社と比べ迅速で、また直ぐに会社のトップの方に直接電話して多少高くても落札して良いとのGOサインをもらったとの事で他社と比べてもかなり高い買取価格を提示して頂きました。
こちらは、全国で80店舗を展開しているユーポスグループ。
東京ユーポスは、関東エリアでの事業拡大に向け2008年に設立。
2022年10月に設立14周年を迎え、「輸入車・旧車・プレミアムカー」を中心に取り扱うことで、業界の中での差別化に成功し、なおかつ高級志向の顧客から好評を得ている。
5社で現物入札して、一番高い価格を頂きました。現物対しては手袋を使い、とても高いプロ意識です。丁寧で分かりやすい説明でした。入札で車を売るのは初めての体験でしたので、色々戸惑いもあり、無理もおかけしましたが、親切に応えて頂けました。
一括査定をお願いし、数社査定に来て頂いたが、3社同額で並び、その中でも一番信用出来そうな会社だったのでお願いすることにした。査定額には満足です。

参照:ユーポスグーグルマップ

ネクステージ 評判 車買取査定の口コミ

ネクステージはガリバーとビッグモーターのいいとこどりの、中古車の買取専門店です。その特徴としては、系列店にディーラーを持っており、外車も査定可能であること、中古車の高額買取を実現することが挙げられます。特に他社が買取を渋ることが多い輸入車については、日本最大の在庫数を誇っており、国産車では味わえない輸入車特有の魅力を正当に買取額に反映してくれます。そのため、車種や条件に関わらず一定レベル以上の買取額を期待できます。一方で、しつこく電話がかかってくるという評判もあります。しかし、ネクステージでは、各店舗で買い取った中古車を直接販売することで、中間マージンをカットし、高額買取を実現しています。また、各店舗では専門車種があり、専門家が査定を行います。買取を希望する際は、店舗に直接出向くか、オンラインでの一括査定を経由することができます。買取価格は車種や状態によって異なりますが、査定にはおよそ10分から20分程度を要し、およそ1時間以内には査定結果が連絡されるため、スピーディに査定を依頼したい方にもおすすめです。

社名 ネクステージ(株)ネクステージ
本社所在地 愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番地 明治安田生命名古屋ビル14階
代表者 広田 靖治
売上高 2414億(2020年11月期)
店舗数 247店舗
遠いところをわざわざ来ていただき、対応、査定額ともに満足です。担当者様も良い方で安心してお取り引きすることができました。
軽自動車の買取でお世話になりました。数社とも良い評価をしていただきましたが、最後まで希望価格に近い高値で買い取っていただきありがとうございました。
訳あって手放す事になりましたが大好きな愛車でしたので尚更嬉しく思いました。
先日は親身になって沢山のアドバイスを下さり、対応も好感的でとても気持ちの良いお取引ができました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。
車の買替えで査定をお願いしました。
査定に来てくださったTさんは、非常に礼儀正しく、上司の方もわざわざお電話でご挨拶してくださるという素晴らしい対応でした。
査定内容も予想をはるかに超える高額をご提示頂きました。アフターフォローのお電話まで頂き、本当に信頼のできる業者さんだと思います。
他社様と比較しても凄く高値で買い取って頂き感謝致しております。
その後の手続き等、迅速なご対応をして頂きとても満足です。
また機会がございましたらお世話になりたいくらいの対応でした。
ありがとうございました。

参照:ネクステージグーグルマップ

カーチス 評判 車買取査定の口コミ

カーチスは、8年連続で顧客満足度がNo.1になっている車買取業者です。その理由は、他社に比べて高い買取額を出すことができるからです。これは、カーチスがすべての工程を自社で直接行うことにより、中間業者に払う手数料を省くことができるためです。

また、カーチスは低価格で高品質の中古車を提供しており、アフターフォローも充実しています。2014年に中古車輸出を専門とする(株)アガスタを傘下に収めたことで、国内では流通しにくい状態の悪い中古車の買取も積極的に行っています。

ただし、営業電話がしつこいといった声が多いとされています。今後は、こうした点を改善することでさらなる顧客満足度を高めることが期待されます。

社名 カーチス(株)カーチスホールディングス
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町4番1号 新紀尾井町ビル2F
代表者 大庭寿一
売上高 244億円(2018年3月期)
店舗数 40店舗
ダメ元で最後の査定。他社の査定額を伝えると金額アップは厳しいとの事ですが、こちらの気持ちに寄り添い会社と交渉してくれました。結果、同額でしたが引渡し日を調整して頂き大満足です。
一括査定で一番対応が良く愛車ハリアーも高価格で査定して頂き気持ち良く売却できました。
また機会があればお願いしたいです。
数社に査定をお願いした中で 査定当日に最高額をご提示いただきました。ご担当の方が大変 親切で仕事が速く、余計な時間をかけずに 色々な手続きも迅速に済みました。お電話も必ず通じましたし、スマフォDMのやりとりも 素晴らしい対応でした。
高く買取査定して欲しい時は最後に声をかけましょう。走行距離が多く、年式が経過している車の査定が得意の様です。
車を買い換えるために査定をお願いして家まで来ていただきました。私自身、車の知識や相場が全然わからなかったのですが親切に丁寧に教えて頂き大変安心感のある対応でした。希望価格で引き取って頂けましたので。大満足です。

参照:カーチスグーグルマップ

ティーバイティーガレージ 評判 車買取査定の口コミ

ティーバイティーガレージは、廃車買取を専門とする業者の一つであり、CMでも有名です。その買取対象は幅広く、一般的な車から農機具や重機、特殊車両やスノーモービルや水上スキーなどのイレギュラーな乗り物まで扱っています。また、タイヤやホイールの買取も行っています。さらに、売却時の書類の手続きや必要書類のサポートも無料で行ってくれるため、廃車の買取を考えている方にとっては大変便利です。また、全国どこへでも無料で出張買取を行ってくれるのも特徴です。

社名 ティーバイティーガレージ(株)ティーバイティーホールディングス
本社所在地 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5JRタワーオフィスプラザさっぽろ 17F
代表者 竹田 武彦
売上高 27億~110億円
店舗数 32店舗
価格の査定だけのつもりが契約してしまいました。希望価格にはならなかったけど、希望価格に一万でも二万でも近くなるよう会社と交渉してる担当者に頑張りを感じたので、後は全てお任せで納得しました
とても親切丁寧な対応でした。
知識が無い自分でも安心して任せられました!
接客の対応も良く、他社より高値で買い取りしてもらえて大満足です。
ありがとうございました!
こちらの希望額で買い取りしていただきました
ラジオのコマーシャルどうりの納得の買い取りでした

参照:ティーバイティーガレージグーグルマップ

車を売るならどこがいい 知恵袋で調べた結果!

Yahoo!知恵袋とは

Yahoo!知恵袋については

Yahoo!知恵袋は、疑問に思っていることを質問したり、知っている事柄についての質問に回答することで、参加している方がお互いに知恵や知識を教えあい、分かち合えるサービスです。
質問したい人と回答したい人を結び、幅広く情報を共有することを目指しています。

引用元:Yahoo!知恵袋ヘルプ

車を売る場合には、車買取店や中古車ディーラー、オークションサイト、個人売買などの選択肢があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、どこに売るかを決めるのは悩むところです。

一般的には、車買取店や中古車ディーラーに売ることが多いです。この場合、買取価格は他の方法に比べてやや低めになりますが、手続きが簡単で即日現金化が可能な場合があります。また、車の査定や買取価格交渉などをプロが代行してくれるので、個人売買のようなトラブルが起きる心配がありません。

一方、オークションサイトや個人売買では、車を高く売ることができる可能性があります。しかし、手続きや交渉が自分で行わなければならず、時間や手間がかかる上、トラブルのリスクも高くなります。

ヤフー知恵袋では、このような選択肢について様々な意見が出されています。しかし、それぞれの意見には個人的な経験や好みが反映されているため、必ずしも一般的な意見とは限りません。また、時代や状況によっても最適な方法は変わってくるため、情報の信頼性を確認しなければなりません。

車を高く売るためには、複数の方法を比較して、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

その際には、情報収集にヤフー知恵袋を活用するのも一つの手段です。

ヤフー知恵袋とはヤフーのサービスの一つで、ユーザーが質問と回答を共有できるオンラインのQ&Aサイトです。質問を投稿し、他のユーザーからの質問に回答することができます。「知恵袋」上では、一つの質問に対して多数の回答を受けることができます。回答者からの投票や、具体的な解決方法を提示するなどの回答の品質を評価することにより、ユーザーは最も有用な回答を把握できます。

また、「知恵袋」には、カテゴリ別のフィルター機能や検索オプションが用意されており、探している質問や回答を簡単に見つけることができます。特定の質問や回答に対して、興味深いコメントを投稿することもできます。全ての質問と回答は、ユーザー登録をすることなく閲覧可能であり、多くの人が利用できます。

「知恵袋」は、閲覧だけでなく、多くのユーザーが質問に回答し、他のユーザーを助けるためのオンラインのQ&Aサイトとして機能しています。

簡単に言うと知恵袋は、知識共有コミュニティで、参加者が疑問に対して質問をしたり、知っている事柄についての回答をすることで、お互いに知恵や知識を教えあうサービスです。

質問や回答にはIDが必要で、回答受付期間は投稿した日から7日間、最も質問者が良いと思った回答を「ベストアンサー」に選ぶことで質問が解決されます。

また、他のユーザーから回答に対して「ナイス!」をすることもできます。

ヤフー知恵袋での車の売却に関する一般的な意見としては、以下のようなものがあります。

中古車買取専門店が一番手っ取り早い方法である。

・販売店の下取り価格は高くない場合が多い。

・オークションに出品すると高く売れる可能性があるが、手続きに手間がかかる。

・ネット上の一括査定サイトで複数の買取業者に見積もりを依頼して比較するのがおすすめ。

・車を売る前には、きちんと掃除やメンテナンスを行い、車の状態を整えることが重要である。

ただし、これらはあくまでも一般的な意見であり、車の状態や地域によって最適な売却方法は異なる場合があります。ですので、複数の方法を比較して、自分に合った売却方法を選ぶことが大切です。

そんな知恵袋では、車を売るならどこがいいですか?という質問もあるようです。

質問では

車を売るならどこがいいですか。次の車買うためにも少しでも高く売りたい

というような質問があり

回答では

何社かにしっかり査定してもらってください。

というような回答がありました。

そのほかにこのような「ナイス!」の多い回答もあります。

買取店に買い取ってもらう場合には、
必ず複数の業者に見積もりを依頼してください。

知恵袋での車を売るならどこがいい?に対する回答は車に関する専門性の高い方や実際の口コミ体験談などを元にしているため、参考になります。

しかし、その一方で知恵袋は匿名性もありだれでも書けてしまうため、車買取おすすめされるがままだと売るタイミングを逃してしまう可能性もあります。

車を売るならどこがいい?知恵袋の情報は参考程度にとどめておきましょう。

車売るならどこがいい?愛車が高く売れる車買取業者を選ぶポイント

車を売る場所は、買い手の地域や市場によって異なります。車の型式や状態、さらには販売者と購入者の取引能力も、車の価格を左右する要素です。車を売る場所を決める前に、まずは車の販売価格を推定することをおすすめします。販売価格を推定するためには、車の状態や走行距離、車検の有無、オプションや付属品などを考慮して、同じような車が他でいくらで販売されているかを調べることが重要です。その上で、車を売る場所を決めることができます。

車を売る場所としては、以下のようなものがあります。

・車販売店や自動車買取業者
・インターネットの広告で車を売ることができます。
・オークションサイトやクルマの売買サイトで車を売ることができます。
・車を売るための専門の業者を利用することもできます。
車を売る場所を選ぶときには、車を売る場所によって手数料やサービス料が異なることがあるので、その点も確認することが重要です。また、車を売る場所によっては、車を査定してもらうことができる場合もあります。車を売る前に、車を査定してもらうことで、車の販売価格を推定することができます。

「JPUC」「JADRI」加盟している出張対応可能な車買取業者も選ぶ!

JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)とJADRI(日本自動車流通研究所)は、お客様に安心して車を買取・査定してもらえるよう、自動車業界を健全に促進する団体です。それぞれには、厳しい基準を満たした業者のみを加盟に許可する制度があり、加盟している業者は信頼性が高く、安心して利用できることが保証されています。

出張可能「JPUC」「JADRI」加盟の車買取事業者

ガリバー
アップル
カーセブン
ネクステージ
カーチス
ビックモーター

JPUC会員の車一括査定 媒介事業者

株式会社エイチームライフデザイン>ナビクル車査定
株式会社ウェブクルー>査定比較.com
ヤフー株式会社>カービュー
株式会社リクルートカーセンサー>カーセンサー.net簡単ネット査定

出張査定対応

車を売却する際、多くの人がまず行うのが複数の買取業者に査定を依頼することです。しかし、何店舗も足を運ぶのは時間と手間がかかるため、効率よく査定を受ける方法を模索する必要があります。そこで、出張査定に対応している車買取業者を選ぶことがポイントになります。

出張査定とは、買取業者が査定士を派遣し、自宅や職場など、指定した場所に出向いて査定を行うサービスです。自分で買取店に出向く必要がないため、時間や手間を省くことができます。また、出張査定に対応している大手買取業者では、基本的に無料で対応してもらえます。

ただし、一部の買取業者では、レッカー代や出張代として費用を請求するケースがあります。そのため、事前に買取業者に確認しておくことが重要です。また、出張査定には査定士と直接顔を合わせる機会があるため、個人情報が漏洩するリスクもあります。信頼できる買取業者を選ぶことが大切です。

出張査定のメリットは、時間と手間を省けることに加え、査定士が直接車を見て査定するため、より正確な査定結果を得ることができる点にあります。また、査定士から直接説明を受けることができるため、売却に関する不安や疑問を解消することができるでしょう。

出張査定に対応している買取業者は、インターネット上で検索することができます。自分の住所や車種などの情報を入力するだけで、近くの買取業者の情報を簡単に調べることができます。査定を受ける前に、複数の買取業者を比較し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

全国展開している買取店を選ぶ

全国に店舗を展開している買取業者は、買い取った車をより高い値段で販売することで利益を得ていることが一般的です。販売価格が高ければ高いほど、買取価格も高くなる傾向があります。そのため、買い取った車をより高い価格で販売するためには、その車の需要が高い地域で販売することが重要です。

全国に店舗を構えている大手買取業者は、買い取った車の需要が高い「最適な店舗」で販売することが可能です。このため、大手買取業者は、独自のルートや経験を活かし、高価買取を実現しています。

中古車の市場価格は、購入するお客様の需要によって変化します。そのため、買取業者は、市場価格を把握し、適切な価格で買い取ることが必要です。しかし、市場価格が変動するため、正確な価格をつけることは困難です。そのため、全国に店舗を構える大手買取業者は、多数の店舗で買取を行うことで、需要の高い地域での販売を実現し、高価買取を実現しているのです。

全国に店舗を展開している買取業者に査定を依頼することで、できるだけ買取価格を引き上げることが可能です。大手買取業者は、多数の店舗で買取を行うことで、需要の高い地域での販売を実現しており、高価買取を実現することができます。また、大手買取業者は、販売に必要な手続きや書類の作成などをサポートしてくれるため、手続きの負担が少なくなります。

中古車を売却する際には、できるだけ高く売りたいと思う方が多いでしょう。全国に店舗を構える大手買取業者に査定を依頼することで、高価買取を実現することができます。是非、一度査定を受けてみてはいかがでしょうか。

車を売る方法を比較

ディーラー下取り

一つの車の売却方法として、ディーラー下取りがあります。これは新車に買い替える際に、今まで乗っていた車をディーラーに売却し、新車代金から売却価格が差し引かれる方法です。この方法は、車を手放すことと購入を一度にできるため、時間をかけずに済むことがメリットです。
ただし、ディーラーは買取を専門にしていないため、中古車のニーズや相場に詳しくない場合があり、他の売却方法に比べ査定額が低くなる可能性があります。そのため、「車の下取りや購入にできるだけ手間をかけたくない」場合にはおすすめですが、「愛車を高く売りたい」場合は、他の方法も検討することをおすすめします。また、新車で購入したディーラーへ売却する方法もありますが、その場合は新車の購入が前提となります。売却の査定は一般的な中古車の売却と同じですが、現金での受け取りはできません。新車代金から下取り車の査定額が差し引かれる形になります。

個人またはオークション

インターネットの普及率は年々上昇し、これからも増加し続けると考えられています。スマホの普及により、インターネットは日常生活に欠かせないものとなり、気軽にネットオークションで買い物をする人が増えてきています。
大手のネットオークションでは、車の取引も行われており、幅広い属性の人が利用しているため、中古市場ではあまり価値のない車種でも、オークションなら高値で売却できる可能性があります。
しかし、お互いの顔が見えない中でのやり取りにはトラブルのリスクがあり、現車確認もできないため、売却後に傷や不具合などのクレームを受ける可能性があります。また、個人間取引やオークションでは買取業者などの仲介業者を通さないため、下取りや買取業者への売却よりも高く売れる可能性がありますが、売却のための手続きなどは自分で行わなければならず、手間がかかります。また、売れることが確約されていないため、人気のない車などは売れない可能性もあります。
「できるだけ高く売りたい」「売れるまで待てる」場合はおすすめですが、車の専門知識や営業スキルがない場合は、難しい方法となるでしょう。

中古車買取業者

中古車買取業者は、中古車の買取を専門とする業者で、買取した車を独自のネットワークで転売し、利益を得ています。日本全国に多くの業者があり、規模の小さなものから大きなものまで多種多様な会社が存在します。
彼らは車の買取に関するスペシャリストであり、車の価値を正確に査定してくれます。
ただし業者の数が多いため、どこに依頼するかによって査定額が大きく異なることがあり、独自の基準を持っている業者も多く、数十万円の差が出ることもあります。
中古車買取業者は中古車の販売を前提にしており、高価買取が期待しやすいことがメリットです。ただし、安く買い叩こうとする業者もいるため、適切な業者の選びができなければ、査定額が低くなってしまう場合があります。それを避けるためには、複数の業者からの査定を依頼することが重要です。
ディーラーでの下取りに比べ手間はかかるかもしれませんが、車の高額査定を狙いたい場合は、複数の中古車買取業者に査定を依頼することがおすすめです。実際に査定を受けることで、業者間での査定額の違いを比較し、最も高く評価される業者を選ぶことができます。
また、中古車買取業者によっては出張査定も行っているものがありますので、車を移動させることなく、近くの業者から査定を受けることもできます。査定結果を見比べ、最も高額で買取をしてくれる業者に売却することで、車の売却価値を最大化することができます。

車買取業者選ぶポイントは?

車買取業者は、車を売るときに利用することができるサービスです。車買取業者を選ぶ際には、様々な観点を考慮することが重要です。

・車買取業者の信頼性: 車買取業者には、信頼できるものと信頼できないものがあります。車買取業者を選ぶときには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。車買取業者の信頼性を確認するためには、口コミや評判、および業界団体からの評価などを参考にすることができます。

・車買取業者の査定額: 車買取業者の査定額は、車買取業者によって異なります。車買取業者を選ぶときには、できるだけ高い査定額を出してくれる業者を選ぶことが重要です。車買取業者の査定額を確認するためには、査定前には査定見積もりを依頼し、複数の車買取業者の査定額を比較することができます。

・車買取業者のサービス内容: 車買取業者のサービス内容は、車買取業者によって異なります。車買取業者を選ぶときには、車を売るだけでなく、車買取に伴う様々なサービスを提供してくれる業者を選ぶことが重要です。車買取業者のサービス内容を確認するためには、車買取業者のサイトや店頭での案内を参考にすることができます。

車買取業者を選ぶ際には、以上のような点を考慮することが重要です。その他にも、車買取業者の買取対象車種や手数料、査定のスピードや査定基準、査定結果の公表の有無なども確認することができます。

車が高く売れる時期は?

車を売るときには、車の種類や状態、さらには販売者と購入者の取引能力も、車の価格を左右する要素です。そのため、車が高く売れる時期は、一概には言えません。

ですが、車を売るときには、以下のような点を考慮することで、車を高く売ることができるかもしれません。

  • 車の状態: 車の状態が良いほど、車は高く売れる可能性があります。車の状態を良くするためには、車検やメンテナンス、内装やエクステリアのクリーニングなどを行うことができます。
  • 車の型式: 人気のある車の型式は、高く売れる可能性があります。
  • 販売時期: 年末や夏休みなど、外出が多くなる時期に車を売ると、車は高く売れる可能性があります。また、販売期間が短いほど、車は高く売れることがあるため、販売期間も考慮することができます。
  • 販売場所: 車を売る場所によっては、車が高く売れることがあります。オークションサイトやクルマの売買サイトで車を売ると、競争が激しく、車が高く売れることがあります。また、車販売店や自動車買取業者で車を売る場合も、複数社に査定を依頼することで比較検討できるため車を高く売ることができる可能性があります。車を売る際は、市場のニーズや需要を考慮して、適切なタイミングで車を売ることが大切です。

愛車の買取査定アップさせるポイントは?

車を売る際に、その車を最大限に高く査定するためには、次のようなポイントを考慮することができます。

・外装と内装の状態
車の外装や内装の状態が良いほど、査定額は高くなる可能性があります。車を売る前に、車体を洗浄したり、内装を清掃することで、車の価値を高めることができます。

・メンテナンスの状態
車のメンテナンスが行き届いているほど、査定額は高くなる可能性があります。車を売る前に、車のオイル交換やフィルターの交換、ブレーキの調整など、必要なメンテナンスを行うことで、車の価値を高めることができます。

・車検の有効期限
車検の有効期限が切れていないほど、査定額は高くなる可能性があります。車を売る前に、車検を受けることで、車の価値を高めることができます。

・オプションの装備
車にオプションがたくさん装備されているほど、査定額は高くなる可能性があります。車に装備されているオプションを確認し、そのうちの価値の高いものをアピールすることで、車の価値を高めることができます。

・取引の条件

車を売る際の取引条件が良いほど、査定額は高くなる可能性があります。車を売る際には、自動車保険や車検の費用を負担することや、車を返却した場合の返金条件などを提示することで、車の価値を高めることができます。また、車を売る際には、車の走行距離や使用状況を明確に伝えることも大切です。車の走行距離が少ない、使用状況が良いほど、査定額は高くなる可能性があります。

その他にも、車を売る際には、車のブランドや車種、年式、グレードなどを考慮することで、車の価値を高めることができます。また、車を売る際には、自分が求める価格を適切に設定することも大切です。車を売る際には、市場価格や車の値段が相場としている範囲内であることを確認し、価格を設定することで、車を最大限に高く売ることができます。

車を売るならどこがいい?を調べて追加で知りたいポイント

「車を売るならどこがいい」について、自分が所有している車を売却したいと考えている人が、売却先の選び方や、買取価格の高いと評判の売却先について調ベた後に追加で知っておきたいポイントをまとめています。

車を売る際に、追加で知りたくなる内容としては、以下のようなことが考えられます。

車買取価格の見積もり方法

車買取価格の見積もり方法: 車買取業者やカーセンターなどで車の買取価格を見積もってもらう際に、見積もり方法や見積もりに影響する要素について

車買取価格の見積もり方法は、業者によって異なりますが、一般的には以下のような要素を考慮して見積もりを行います。

車種やグレード: 車種やグレード、年式などによって、買取価格が異なります。

走行距離: 走行距離が少ないほど、買取価格は高くなります。

使用状態: 車の使用状態、車検の有無、修復歴などによって、買取価格が異なります。

供給状況: 市場の供給状況や、業者によっては、時期や地域などによって買取価格が異なることもあります。

装備やオプション: 車に搭載されている装備やオプションによって、買取価格が上昇することもあります。

買取業者によって見積もり方法や考慮する要素は異なるため、複数の業者に見積もりを依頼し、比較して選ぶことをおすすめします。また、車の評価をする際には、車検証や保険証などの書類を持参することで、正確な見積もりを得られます。

車買取時の手数料や税金

車買取時の手数料や税金: 車を売る際にかかる手数料や税金について

車買取時の手数料や税金については、業者によって異なります。一般的には、以下のような手数料や税金がかかることがあります。

車検証の交付手数料: 車検証を交付するための手数料

車検証の更新手数料: 車検証の更新にかかる手数料

税金: 車を売る際にかかる税金

車検の費用: 車検にかかる費用

引取り手数料: 引き取りにかかる手数料

また、車買取業者によっては、手数料や税金を含めた買取価格を提示してくれることもありますが、他には手数料や税金を別途に請求することもあります。車を売る際には、買取業者によって異なる手数料や税金について確認しておきましょう。

車買取時の書類作成

車買取時の書類作成: 車を売る際に必要な書類や手続きについて

車買取時に必要な書類作成は、業者によって異なりますが、一般的には、以下のような書類が必要になります。

車検証: 車検証は車の身元を証明するために必要です。車検証は、車検が切れていない場合は更新する必要があります。

車の取扱説明書: 取扱説明書は車の使用方法や保守に関する情報が記載されています。

車の免許証: 車の免許証は車の所有者を証明するために必要です。

納車証明書: 納車証明書は車の所有権を証明するために必要です

車台番号認証書類: 車台番号認証書類は車両の身元を証明するために必要です。

車両登録証: 車両登録証は車両の身元を証明するために必要です。

保険証: 保険証は車両が保険加入していることを証明するために必要です。

保証書: 保証書は車両の保証期間や保証内容を証明するために必要です。

車買取時に必要な書類は業者によって異なりますので、事前に業者に確認をし、必要な書類を用意することをおすすめします。

車買取時の評判や口コミ

車買取時の評判や口コミ: 車を売る先の評判や口コミを確認し、信頼性の高い業者を選ぶこと

車買取時の評判や口コミは、車買取業者の選び方に重要な要素になります。車買取業者の評判や口コミを調べることで、その業者の信頼性やサービスの内容などが分かります。

評判や口コミを調べるためには、インターネット上の評判サイトやSNSなどを利用するのが手軽です。また、車買取業者に対して直接聞くこともできます。

口コミや評判を調べる際には、以下のようなことを確認することが重要です。

買取価格について: 買取価格が高いか、安いか

買取時の手数料や税金について

書類作成や引き取りについて

対応の良し悪しについて

買取業者の信頼性について

評判や口コミを参考にしながら、車買取業者の選び方をすることで、車の売却にあたって最適な選択をすることができます。

車買取後の車の引き取り方法

車買取後の車の引き取り方法: 車を売った後の引き取り方法や、自分の都合に合わせた方法を選ぶこと

車買取後の車の引き取り方法は、業者によって異なります。一般的には、以下のような引き取り方法があります。

運転渡し: 車両を買取業者に直接運転して渡す方法。

配車サービス: 買取業者が車両を引き取るために、配車サービスを利用する方法。

車両運送: 買取業者が車両を運送車に積み込んで引き取る方法。

直接持ち込み: 買取業者の拠点に車両を直接持ち込んで引き取る方法。

車買取後の引き取り方法は、車両の設備状態や車両の距離、業者のサービスなどによって異なります。車買取後に引き取り方法については事前に業者に確認してください。

車買取後の車の手続き

車買取後の車の手続き: 車を売った後に必要な手続きについて

車買取後の車の手続きは、業者によって異なりますが、一般的には以下のような手続きが必要になります。

車両譲渡届け出: 車両を譲渡するために必要な届け出で、車両の所有権を移転するために必要です。

車検証の更新: 車検証の更新が必要な場合、車検証を更新します。

登録証の更新: 登録証の更新が必要な場合、登録証を更新します。

保険契約の解約: 車両を譲渡するために、保険契約を解約する必要があります。

車台番号の変更申請: 車両の所有権が移転したため、車台番号を変更する必要があります。

車両税の申告: 車両の所有者が変更になったため、車両税を申告します。

車買取後に車の手続きが必要な場合は、車買取業者が行ってくれることもありますが、車両所有者様が行うこともあります、車買取後の手続きについては事前に業者に確認してください。

車を高く売るなら愛車の価値、相場を知ることが大切!

ではどうすれば車の相場を知ることができるのか?それは、複数社の車買取業者に査定を依頼することです。車の買取店によって得意とする車種や車の状態は異なります。様々な営業形態の買取店に査定を依頼することで、比較することができるのと買取店同士で価格競争が起きやすく愛車の価値を最大限に引き出せます。

「中古車一括査定サービス」>>ナビクル車査定では一回の申し込みで複数社に査定が依頼できるので便利に活用できます。車買取業者は業界健全化を目的とした団体「JPUC」の媒介事業者であり「JADRI」に加盟する全国の中古車買取事業者と提携しており、信頼性の高いサービスです。

愛車を高く売りたいのであれば利用を検討されてください。

中古車を探している方は中古車お探しリクエストサービスの>>ズバット車販売がおすすめです。無料のサービスなので中古車を探している方は活用してみてくださいね。

関連記事>車買取相場表 中古車買取相場表に関する情報まとめ

車を売るならどこがいい 知恵袋に関するよくある質問Q&A

車を売ることを何という?

車を売る方法には「下取り」と「買い取り」があります。

下取り:

メリット:
新車を購入するディーラーが一括で車を引き取ってくれるため手続きが簡単。
車の引き取りと新車の購入が同時に行えるので、負担が少なく便利。
デメリット:
下取り価格は比較的低めで、市場価値よりも安く買い取られることが多い。
買い取り:

メリット:
専門の車の買取店などに売るため、市場価値で車を売ることができる。
複数の買取店から査定を受けることで、最適な価格を得ることができる。
デメリット:
自分で買取店を探し、査定や手続きを行う必要がある。
新車の購入手続きとは別に行う必要があるため、手間がかかる場合もある。
どちらの方法が最適かは個人の状況やニーズにより異なります。車の状態や需要の有無を考慮し、自身にとって有利な方法を選ぶことが重要です。

車は何年で買い換えるのがいいか?

車を買い換えるタイミングについては個人の好みや経済状況により異なりますが、一般的な考え方として以下のポイントがあります。

3年目の車検前の買い換え:

車検費用を節約できる。
車の買取価格が比較的高い。
短期間で新しい車に乗り換えたい人におすすめ。
5年目の完済後の買い換え:

車の価値が5年で半分になると言われているため、価値の減少を最小限に抑えられる。
ローンが完済されているため、次の車の購入に向けて柔軟な選択肢が得られる。
ただし、これらは一般的な目安であり、実際の選択は個人の経済状況や車の状態、ライフスタイルなどによって変わる場合があります。適切なタイミングを判断する際には、車のメンテナンス状況や将来の予算計画なども考慮に入れることが重要です。

ベンツ 何年で売る?

ベンツを売却する場合、一般的には3〜4年程度で買取依頼が出されることが多く、その際の平均査定価格は170〜240万円程度となっています。また、平均走行距離は55,000km程度とされています。

なぜ3〜4年で売ることが多いのかというと、新車を購入した際には最初の数年間は価値が比較的高く、その後は減価償却が進んで価値が低下するからです。このため、車を所有している間に価値が低下することをできるだけ抑えるために、3〜4年で売却することが一般的になっています。

また、走行距離についても、多くの人が車を所有している間に平均的な走行距離を超えてしまうため、走行距離が少ない車は査定価格が高くなる傾向があります。しかし、走行距離が少なすぎる場合にも注意が必要です。なぜなら、長期間にわたって車を使用しないことで部品の劣化や故障が起こる可能性があるため、適度な走行距離を維持することが大切です。

ベンツの価格はいくらですか?

ベンツ(メルセデス・ベンツ)は、高級車ブランドであり、そのモデルラインアップごとに異なる価格帯で提供されています。以下に各モデルラインアップとその価格帯について詳しく解説します。

E-Class (イークラス):
E-Classは、中型の高級セダンやワゴン、クーペなどが含まれるモデルラインアップです。価格帯は約733万円から1,930万円まで幅広く、様々なモデルや仕様によって価格が異なります。E-Classは、スポーティで快適な乗り心地を提供することが特徴です。

G-Class (ジークラス):
G-Classは、メルセデス・ベンツのアイコン的なSUVで、堅牢なオフロード性能と豪華な内装が特徴です。価格帯は約1,237万円から2,480万円までとなっており、その高い耐久性とプレミアムな装備によって高価格帯に位置します。

S-Class (エスクラス):
S-Classは、最上級の高級セダンであり、最新のテクノロジーや快適性を提供します。価格帯は約1,215万円から2,616万円まで幅広く、クラス最高の快適性と高級感を持つモデルとして知られています。

V-Class (ブイクラス):
V-Classは、ヴァンやミニバンといった多目的車のラインアップです。価格帯は約781万円から938万円までとなっており、快適な乗り心地と広い車内スペースが特徴です。

これらの価格帯は、基本的なモデルや仕様の価格であり、オプションやカスタマイズによって価格は変動します。また、地域や市場によっても価格が異なることがあります。ベンツのモデルは高級車として知られており、その価格帯は高額ですが、高品質な車両と先進的なテクノロジーが提供されていることが特徴です。

車を売るなら何年目?

車を売却する際に、売却時期を考える場合には、一般的に新車登録から3年目と5年目が最適なタイミングとされています。これは、車検の周期と重なるため、車検を受ける前に売却することで、車検費用を削減することができるからです。

3年目と5年目は、車検費用が大きな負担となるため、多くの人が車検前に売却することを選択します。また、車の価値が高いうちに売却することができるため、査定額も比較的高くなる傾向があります。ただし、車検期限が迫っている場合には、急いで売却する必要があるため、査定額が低くなる可能性があります。

一方、10年を経過した車でも買取業者に依頼すれば買い取ってもらえる場合があります。ただし、車の状態や走行距離などによっては、査定額が低くなる可能性があります。また、車検やメンテナンスなどのコストも高くなるため、車を保有する期間が長くなるほど、価値が低下する可能性があります。

さらに、車を売却する際には、一括査定サービスを利用することがおすすめです。一括査定サービスは、複数の買取業者に一度に査定依頼ができるため、査定額を比較して高く売却することができます。また、オンラインで手続きが完了するため、手間がかからず便利です。

車は何年で売るのが得なのか?

自動車の市場価値は、年式や走行距離、車種やモデル、状態などによって左右されます。一般的には、新車から3年間が車の価値が大きく下がる期間とされています。この期間には多くの新型車が登場し、競合車種も増えるため、需要と供給のバランスが変わり、市場価値が下がる傾向にあります。

また、多くのメーカーが新車保証を3年間としているため、3年目になると買主にとって保証が終了するタイミングでもあります。このため、3年目を目安に車を売却することで、市場価値がまだ高い状態で売れる可能性が高くなります。

なお、車検のタイミングも売却を考えるうえで重要なポイントです。車検が切れる前に売却することで、車検の費用を回避することができます。ただし、車検が切れる前に売却する場合は、車検に合格してから売却する場合に比べて査定額が下がる可能性があるため、注意が必要です。

車を個人売買するときの流れは?

車を個人売買する際の一般的な流れを以下に解説します。

車両の確認と合意:
売主(車を売る人)と買主(車を買う人)が実際に車両を確認したり、写真を見たりして、車の状態や価格などについて合意します。この段階で車の詳細情報や条件(年式、走行距離、装備、価格など)が話し合われます。

契約書の作成:
売主が契約書を用意し、車の詳細情報や取引条件を記載します。契約書には、車の情報、価格、支払い方法、引き渡し時期、その他重要な事項が含まれます。

契約の締結:
売主と買主が契約書の内容を確認し、合意があれば契約書にサインします。この契約の締結が、双方の合意を確認する重要なステップです。契約書には売主と買主の氏名や住所、車両の詳細情報、価格、支払い条件などが記載されます。

代金の支払い:
売主が指定した方法で買主から代金が支払われます。支払い方法には現金、銀行振込、クレジットカード、電子マネーなどが含まれる場合があります。支払いが完了した後、売主が代金の受領を確認します。

車両の引き渡し:
代金が支払われた後、売主は車両を買主に引き渡します。引き渡しの際には、車の鍵や納品書、必要な書類(車検証、自賠責保険証明書など)を買主に渡します。買主は車両の引き渡しを確認し、納品書などを受け取ります。

以上が一般的な個人売買の流れですが、国や地域によって異なる法律や規制が存在する場合があります。特に自動車の所有権移転手続きや必要な書類については、事前に確認しておくことが重要です。また、信頼性のある売主や買主を見極めるために、注意深く取引を進めることも大切です。

友人に車を売るとき必要な書類は?

友人に車を売る際に必要な書類と手続きについて解説します。他人名義の車を売る場合、以下の書類と手続きが必要です。

  1. 車検証: 車検証は、車の所有者と車両情報が記載されている重要な書類です。車検証は必ず売却時に提供する必要があります。
  2. 自賠責保険証明書: 車を運転するためには自賠責保険に加入する必要があります。自賠責保険証明書も売却時に提供する必要があります。
  3. 自動車納税証明書: 車を売却する際には、自動車税の納税証明書も必要です。これは所有者が車に対して納税済みであることを示すものです。
  4. リサイクル券(自動車リサイクル料金): リサイクル券は、車の廃棄処分費用を支払ったことを示すもので、新しい車を購入する際に必要な場合があります。売却する車がまだ廃棄されていない場合は、リサイクル券を用意する必要があります。
  5. 印鑑証明書: 車の所有者が売却の意思表示を行う際には、印鑑証明書が必要です。売主(友人)が所有者である場合、その売主の印鑑証明書が必要です。
  6. 譲渡証明書: 車の所有権を正式に譲渡するために必要な書類です。売主(友人)と買主(あなた)の両方が署名し、実印を押すことで効力を持ちます。

これらの書類と手続きを正しく行うことで、車の所有権の移転をスムーズに行うことができます。売主(友人)の所有者名義の書類が必要なため、所有者の同意を得て正確な情報を提供することが大切です。売却時には売主と買主の双方が必要な書類や手続きを確認し、適切に対応することが重要です。

車を譲渡するときの費用はいくらですか?

車を譲渡する際の費用について、以下のように解説します。

移転登録手数料(印紙代): 500円
車の名義変更手続きに伴う登録手数料として、500円がかかります。この手数料は印紙代として支払われ、車の登録書類に貼付されます。

車庫証明書の取得費用: 2,000円前後
車庫証明書は、譲渡先が車を保管する場所を示すものです。車庫証明書を取得する際にかかる費用は約2,000円前後です。

ナンバープレート代(管轄地域が変わる場合): 1,500円前後
譲渡先が管轄地域が変わる場合、新しい地域のナンバープレートが必要となります。ナンバープレート代として約1,500円前後がかかることがあります。

以上の費用を合算すると、合計で4,000~5,000円程度の費用がかかるとされています。ただし、地域や具体的な手続きによって費用が異なる場合がありますので、正確な金額は該当する地方の運輸局や自治体のウェブサイトなどで確認することをおすすめします。また、専門の書類作成サービスや自動車登録代行業者を利用する場合は、手数料が加算されることもあります。

車 一年でどれくらい下がる?

車の価値は、年式や走行距離、状態、需要と供給のバランスなどによって左右されます。一般的には、新車から1年間が車の価値が大きく下がる期間とされています。この期間には、多くの新型車が発表されるため、市場価値が下がる傾向にあります。国産車、外車を問わず、新車登録から1年で約30%程度の価値が下がるとされています。

その後、車の価値は徐々に下がります。登録後3年程度で市場価値は40〜60%程度、5年で30〜45%程度に下がります。8〜10年を過ぎると、市場価値がほぼ0円になることもあります。ただし、車の状態や需要と供給の状況によって、これらの数字は変動します。

車を売却する際には、年式や走行距離、状態などを踏まえて、査定を受けることが重要です。また、車のメンテナンスや修理履歴をきちんと管理し、状態を良く保つことで、査定額を上げることもできます。

今車が高く売れる?

現在、自動車市場は中古車需要が高く、特に中古車買取市場は非常に活況を呈しています。COVID-19の影響で新車生産が減少したことが中古車需要の増加につながっているとされています。また、自家用車需要の増加や電気自動車の需要が増える中、中古車市場でもハイブリッドや電気自動車の需要が高まっており、これらの車種は高く買い取られる傾向があります。

しかし、車の買取価格は市場の状況によって常に変動するため、現在高く売れる車種や車種によっても異なる場合があります。また、車の状態や走行距離、グレード、装備などによっても買取価格は大きく変わるため、一概に現在車が高く売れるとは言えません。

一括査定サイトなどを利用して複数の業者から見積もりを取ることで、現在の市場相場を把握し、自分の車の買取価格を比較するようにしましょう。

自動車を売却するのは、ディーラー or 中古車買取業者?

自動車を売却する際には、ディーラーと中古車買取業者の両方が選択肢となります。どちらが最適かは、個々の状況や優先する要素によって異なります。

ディーラーへの売却:

新しい車を購入する場合に、現在の車を下取りに出すことが一般的です。
ディーラーでは、新車購入と同時に既存の車を下取りに出すことで、手続きが簡単になります。
下取り価格は、新車の値引きや特典などとの交渉材料として使われることがあります。
ディーラーによっては、中古車販売事業も行っており、下取り車を販売する場合もあります。
中古車買取業者への売却:

中古車買取業者は、専門的な知識と経験を持ち、中古車市場に精通しています。
複数の買取業者に査定を依頼することで、競合させることができ、より高い買取価格を得ることができる可能性があります。
車の買取価格は市場の需要と供給に基づいて決まるため、ディーラーよりも高い査定額を期待できる場合もあります。
中古車買取業者は、あらゆる車種や年式の車を取り扱っているため、ディーラーと比べて幅広い選択肢があります。
どちらを選ぶかは、以下の要素を考慮すると良いでしょう:

車の状態や年式、人気度などの特徴
売却時期や急ぎ度合い
買取価格の優先度
新車の購入を検討しているかどうか
最終的な判断は、自分のニーズや条件に合わせて行うことが重要です。価格や手続きの簡便さ、信頼性などを比較検討し、複数のオプションを検討することをおすすめします。

車売ることなんて言う?

車を売る方法はいくつかあります。以下に、代表的な買取方法を簡単に説明します。

中古車買取店: 中古車買取店に車を持ち込んで査定を受け、その場で現金で買い取ってもらう方法です。一括査定サービスを利用して、複数の買取店から査定を受けることもできます。

個人間売買: 自分で広告を出して買い手を見つけ、直接売買する方法です。ただし、買い手を見つけるまでの期間やトラブルのリスクが伴います。

オークション: オークションに出品して、最高額を提示した入札者に車を売る方法です。オンラインオークションもあります。

ディーラーでの下取り: 新しい車を購入する際に、古い車をディーラーに下取りに出す方法です。新車の値引き交渉と組み合わせて利用されることがあります。

これらの方法は、それぞれ特長やメリット・デメリットがあります。適切な方法は、個々の状況や希望によって異なります。

ナビクル 何社?

「ナビクル」は、自動車の一括査定サービスを提供しているプラットフォームです。ユーザーが車の情報を入力すると、複数の中古車買取業者に一括で査定の依頼ができます。このサービスを通じて、最大10社の業者から査定額を受けることができます。ナビクルを利用することで、手間をかけずに複数の査定結果を比較し、自分にとって有利な条件で車を売却することができます。

「中古車一括査定サービス」>>ナビクル車査定では一回の申し込みで複数社に査定が依頼できるので便利に活用できます。車買取業者は業界健全化を目的とした団体「JPUC」の媒介事業者であり「JADRI」に加盟する全国の中古車買取事業者と提携しており、信頼性の高いサービスです。

愛車を高く売りたいのであれば利用を検討されてください。

関連記事

ページ上部へ戻る