【2023newest】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキング!メリット デメリット比較

このページにはPRリンクが含まれています

生ごみ処理機とは、生ごみを乾燥や分解などによって処理することができます。生ごみを処理することで、衛生的にゴミを減らすことができます。

ごみ袋などが有料化している地域には、生ごみ処理機への導入に自治体からも助成金が出ることがあるので、ゴミの減量と衛生的な環境を実現するために購入する方も増えてきています。

これらの導入を検討される際は、自分の環境に合った機種を選ぶことをおすすめします。

購入前に知っておきたいポイントもたくさんあります。

この記事では生ごみ処理機の種類や性能、メリットとデメリットを比較して必要かいらないのか?について解説しています。

生ごみ処理機のおすすめ人気ランキングと活用できる助成金についても紹介しているので参考にされてください。

生ごみ処理機のメリット・デメリット

生ごみ処理機は、廃棄物を効率的かつ安全に処理するための装置です。以下に、この装置が持つメリットとデメリットをご紹介します。

生ごみ処理機メリット

効率的な廃棄物の処理:この装置では、廃棄物を細かくし、処理しやすくすることが可能です。

安全性:この装置で処理する廃棄物は、有害な成分を含んでいないため、環境に及ぼす影響を最小限に抑えることができます。

低コスト:利用する際には、手間や消費電力は低コスト。

生ごみ処理機デメリット

使用時間:処理時間が長いため、処理中でも長時間使用していなければなりません。

異臭:処理中に非常に強い異臭が発生する場合があります。

生ごみ処理機の種類

生ごみ処理機は、廃棄物を効率的かつ安全に処理するための装置です。以下の4つの種類があります。

コンポスト式生ゴミ処理機

コンポスト式の生ごみ処理機とは、廃棄物を腐敗して消費することによって、処理を行う装置です。コンポスト式の生ごみ処理機は、廃棄物を容器に入れ、温度を上げることで廃棄物を腐敗させる仕組みになっています。コンポスト式の生ごみ処理機を使用する場合、処理時間が非常に短く、消費電力も少ないため、コスト面でも非常に効率的な処理を行うことが可能です。また、コンポスト式の生ごみ処理機を使用することで、廃棄物を効率的かつ安全に処理することが可能になります。

乾燥式生ゴミ処理機

乾燥式の生ゴミ処理機は、熱風を送って生ごみの水分を蒸発させる仕組みを採用しています。この仕組みにより、複数時間かかる処理時間を短縮し、生ごみを乾燥した状態でゴミとして捨てることが可能になります。

しかし、乾燥式の生ゴミ処理機を使用する場合、家電商品なので電気代がかかります。また、乾燥式で処理した生ごみは地面に埋めてから堆肥になるまで時間がかかることが多く、肥料として使用したい人には不向きです。

粉砕式生ごみ処理機

粉砕式生ごみ処理機とは、廃棄物を粉砕してスラグへと加工する装置です。粉砕式生ごみ処理機では、粉砕することで廃棄物をスラグへと加工し、スラグを乾燥させて処理する方法がとられます。粉砕式生ごみ処理機を使用すると、廃棄物の全量を削減することも可能になります。この装置を使用することで、廃棄物を効率的かつ安全に処理することが可能になるため、お客様が暮らしやすい環境を実現することができます。

ハイブリッド式生ごみ処理機

ハイブリッド式生ごみ処理機とは、コンポスト(バイオ)式生ゴミ処理機と乾燥式生ゴミ処理機を組み合わせたハイブリッドな処理装置です。ハイブリッド式生ごみ処理機を使用する場合、湿式生ゴミ処理機と乾燥式生ゴミ処理機のどちらかを選択することが可能です。湿式処理を行う場合は、水と混ぜて抽出、細かく分散して乾燥させる方法によって処理を行うことが可能です。一方、乾燥式処理の場合は、廃棄物を乾燥させる方法によって処理を行うことが可能です。ハイブリッド式生ごみ処理機を使用する場合、処理時間が短く、消費電力も少ないため、コスト面でも非常に効率的な処理を行うことが可能です。

また、ハイブリッド式生ごみ処理機を使用することで、廃棄物を効率的かつ安全に処理することが可能になりますで植物の肥料として利用もできます。

生ごみ処理機を購入する際には、使用する場所や廃棄物の量などを考慮して、適切な種類を選択しましょう。

生ごみ処理機の購入・選び方

生ごみ処理機を購入する際には、以下の点を考慮する必要があります。

容量:使用する場所や廃棄物の量に応じて、容量を選択する必要があります。

消費電力:消費電力は、消費電力の少ない機種を選択することが原則です。

追加機能:この装置には、廃棄物を細かくしたり、処理時間を短縮するための追加機能がある場合があります。

生ごみ処理機は、廃棄物を効率的かつ安全に処理するための装置です。使用する場所や廃棄物の量に応じて、容量や消費電力、追加機能などを考慮して購入を検討しましょう。この装置を使用することで、廃棄物を効率的かつ安全に処理することが可能になり、お客様が暮らしやすい環境を実現することができます。

では、どの生ごみ処理機がいいのか、性能の違いによるメリット・デメリットを比較してみましょう。

生ごみ処理機性能のメリット・デメリットを比較

生ごみ処理機によって性能が異なるため自宅で使用するのに適しているのか比較しておきましょう。

乾燥式 コンポスト式(バイオ) ハイブリット式
処理方法 風で乾燥 微生物分解 乾燥+微生物分解
設置場所 屋内 屋外 室内・屋外
電気代 商品による 手動で安い 乾燥式より安い
処理スピード 早い 遅い バイオ式より早い
バイオ基材補充 不要 必要 必要
処理中の臭い 焦げたにおい商品による 独特の発酵臭 独特の発酵臭
運転音 モーター音 静か 静か
肥料 商品による 使える 使える
お手入れ 容器の水洗い バイオ基材の入れ替え バイオ基材の入れ替え

生ごみ処理は毎日のことなのでニオイや運転音も気になるポイントです。また、お手入れも手間がかかるとめんどうになります。バイオ基材を使用する生ごみ処理機は定期的な交換が必要であり、手動の場合には手でかき混ぜる必要があります。乾燥式の生ごみ処理機は衛生面を保つために容器の水洗いが必要です。

どのタイプにもメリットとデメリットがあるので比較して使いやすい生ごみ処理機を選択しましょう。

生ゴミ処理機は同居人がおらず一人暮らしで自炊しないからいらないという方もいるかもしれませんが、普段の生活で料理をする家庭には大量の生ごみを処理しやすくして、コバエなどの虫の発生を防ぐことができるため衛生的で快適な環境が維持できるので必要です。

乾燥式生ゴミ処理機がおすすめ

はじめて生ごみ処理機を購入する方は簡単な「乾燥式」を選ぶことがおすすめです。

乾燥式生ゴミ処理機とは

乾燥式生ゴミ処理機とは、廃棄物を乾燥させる方法によって、処理しやすくするための装置です。乾燥式生ゴミ処理機を利用すると、乾燥された廃棄物をスラグとして処理し、空気や水を浄化することが可能になります。

この装置を使用する場合、全体的な処理時間が長くなることもあります。乾燥式生ゴミ処理機を選択する際には、容量や処理時間、消費電力などを確認しておく必要があります。

また、乾燥式生ゴミ処理機の利用により、廃棄物の全量を削減することも可能になります。この装置を使用することで、廃棄物を効率的かつ安全に処理することが可能になるため、暮らしやすい環境を実現することができます。

乾燥式生ゴミ処理機選ぶポイントは価格、電気代、助成金を比較!

乾燥式生ゴミ処理機の価格

18,000円~130,000円

乾燥式生ゴミ処理機の電気代

(1日あたり)19円~50円 (月30日あたり)570円~1,500円

乾燥式生ゴミ処理機購入時に補助金・助成金

購入する際には自治体から助成金が出る可能性があります。自治体によって異なりますが、一般的に購入金額の2分の1~3分の1程度までの限度額が設けられています。助成金制度を利用することで、安く購入することができます。

生ごみ処理機おすすめ人気ランキング

パナソニック MS-N53XD

MS-N53XDは、高い脱臭効果を持つ「スパイラル方式のプラチナパラジウム触媒」を使用し、約130℃の温風で乾燥することで軽くてかさばらない有機質肥料が作れます。また、「ソフト乾燥モード」を搭載しているため、速効性のある有機質肥料が作れます。さらに、大容量でありながらコンパクトなサイズであり、ゴミ箱感覚で設置することができます。

家庭用生ごみ処理機 ナクスル

ナクスルは生ごみを分解するハイブリット式の生ごみ処理機です。

酵素と微生物によって生ごみを分解することにより、家庭から生ゴミをなくすことができます。強力な脱臭技術により臭いを出さず、安心してご使用いただけます。また、簡単な操作と省エネ設計により、手間がかからず、家計にも環境にも優しい製品です。

生ごみを処理する際に酵素や微生物、UVランプ、セラミックボール、マンガン触媒などを使用し、臭いを除去します。これにより、家庭から生ゴミがなくなり、忙しい朝に焦ってゴミ出しをしなくてもよくなります。また、強力な脱臭技術により、臭いを出さないので、生ゴミの臭いから解放されます。

処理槽内部に人間に無害な菌の集合体を使用していますので、小さなお子様がいらっしゃる家庭でも安心してご使用いただけます。

操作は簡単で、蓋を開けて生ゴミを投入するだけです。また、全て自動で処理され、水と炭酸ガスに分解します。省エネ設計で電気代が安いのが特徴です。

島産業パリパリキューPPC-11-BK

生ごみを乾燥させることで、約1/5に軽量化されます。また、腐敗しないためにニオイやコバエの発生も抑えられ、室内の清潔感が取り戻されます。乾燥生ごみは長期保管が容易で、ニオイも重さも汁だれも気になりません。生ごみを溜めるバスケットは2.8Lの容量で、本体の設置場所も自由に選べます。

独自開発の活性炭脱臭ユニットを採用することでにおいも脱臭します。脱臭フィルターは4~9ヶ月に一度交換が必要です。生ごみの乾燥状態は自動検知システムで計測され、フラワーバスケットによって乾燥させます。

分別不要であり、硬い骨や貝殻も大丈夫です。乾燥生ごみは土に埋めたり、有機質肥料としても使用可能です。

ルーフェンloofen家庭用生ごみ乾燥機 loofenSLW01

ルーフェンは韓国で大成功を収めた生ゴミ処理機のブランドで、今回日本上陸した「SLW01」モデルが大ヒットしています。この製品は「乾燥式」を追求し、手軽に使えるシンプルな機能が特徴です。独自システムによる強力な乾燥機能と「ワンタッチボタン」など直感的な操作性を実現しています。「空気循環システム」により生ゴミをパリパリに乾燥させることで大幅に生ゴミの量を減らします。

また、「電力調整AI」により庫内のゴミの量を感知して温度調整が可能であり、いつでも追加投入ができます。この「乾燥式」は従来のタイプと異なり、ムラなくしっかり乾燥させることができるため、生ゴミの量を大幅に減らすことができます。生ゴミ処理機の「機能性」は年々アップデートされていますが、本製品は使いやすさを重視しているという特徴があります。

ルーフェンは、水分が原因で虫や臭いが発生する問題を効率的に解決することができます。活性炭フィルターを搭載し、処理中の悪臭を強力に消毒します。オート電力調整AIも搭載されていて、内部のゴミの量に応じて電力を調整することができます。

また、8時間後には自動で送風モードに変換するオートタイマーも付いています。使用時の電力はノートPC以下の90Wとエコなので、お財布にも優しいです。

操作もワンタッチで完了し、運転中も何度でもゴミを入れられます。ゴミの仕分けも不要で、静音設計なので夜間の使用も安心です。

レッドドットデザイン賞を受賞したデザインは、インテリアにもマッチします。

多くの自治体では購入費用の一部を補助する助成金制度もあるため、生ゴミの削減に貢献しながらルーフェンをお得に購入することができる場合もあります。

loofenルーフェン 口コミ・評判! 販売店と助成金についても紹介しているので生ごみ処理機についてチェックした後にはこちらも確認して下さいね。

生ゴミ処理機 助成金について解説

助成金の申請タイミングについては、生ゴミ処理機を使用する際、購入前または購入後の申請をすることが考えられます。
購入前の申請については、製品を購入後、必要な書類を揃えて自治体に申請する方法です。生ゴミ処理機をすぐ使い始めたい人にとってはメリットがありますが、対象者助成金の対象から外れていたり、予算を超過していて助成が受けられない可能性もあるので、購入前に各自治体窓口に確認する事をお勧めします。

購入後の申請については、製品を購入する前に、必要な書類を揃えて自治体に申請を行うようにしましょう。

交付決定が下りてから購入する流れなので確実に助成金が降りるとわかってから購入できるのがメリットですが、購入後の申請は助成の対象外になる自治体である可能性もあるので、購入前に各自治体窓口を調べてください。

助成金の申請に必要なものは、自治体によって異なりますが、少なくとも自治体指定の申請書と領収書の2つが必要です。領収書については、申請者の氏名・住所・電話番号の記載が必要な場合もあるので、この領収書が出せるか購入先の販売店を確認しておきましょう。

助成金を交付するのは新品のみとする自治体がほとんどです。リサイクルショップやフリマアプリなどで購入した物は助成対象外になる可能性があるので、助成金申請をする場合は必ず販売店から新品を購入するようにしてください。

助成金は何度も使用できないので購入する生ごみ処理機はしっかりと検討してくださいね。

自治体のホームページを参照して確認するようにしましょう。

例えば、東京都生ごみ処理機助成金が出る自治体で検索すると

助成金のあり、なし

購入価格に対する助成率

助成金額:10,000円~40,000円

参照:全国の生ごみ処理機助成金制度について調べる

このように調べることができるので、生ごみ処理機をお得に購入したい方は活用されてください。

生ごり処理機おすすめに関するよくある質問Q&A

生ゴミ処理機 ハイブリッドとは?

生ゴミ処理機の中には、「ハイブリッドタイプ」と呼ばれるものがあります。

ハイブリッドタイプの生ゴミ処理機は、刃物によって生ゴミを細かく砕くことで、分解を促進すると同時に、微生物による発酵分解も進めることができます。また、熱源として電気とガスを併用し、より効率的に生ゴミを分解することができます。

このように、ハイブリッドタイプの生ゴミ処理機は、熱源として複数のエネルギー源を併用することで、より高い分解効率を実現しています。また、発酵分解によって生ゴミの減量効果を高めることができ、処理後の排出物も乾燥しているため、臭いやハエなどの発生も抑えることができます。

ただし、ハイブリッドタイプの生ゴミ処理機は、価格が比較的高くなる傾向があります。また、電気とガスを併用するため、設置場所によっては電気やガスの供給が必要となることもあります。

生ゴミ処理機 パナソニックについては?

パナソニックには、生ゴミ処理機の製品ラインアップがあります。

パナソニックの生ゴミ処理機は、「コンポストリ」シリーズと呼ばれています。コンポストリシリーズには、家庭用から業務用まで、幅広いラインアップがあります。

家庭用のコンポストリは、1日あたりの処理量が約400gで、オーガニックコンポストを使用して生ゴミを分解します。分解には、微生物と発酵バクテリアを利用しており、分解後の排出物は肥料として利用できます。また、コンポストリは、独自の「インバーター制御」と「サウンドケア機能」を搭載しており、静かで省エネな運転が可能です。

業務用のコンポストリには、1日あたりの処理量が約5kgから約120kgまで、幅広いラインアップがあります。業務用のコンポストリは、自動フィーディング機能や大型の発酵槽など、高い処理能力と利便性を備えています。

パナソニックのコンポストリは、家庭用から業務用まで、幅広い用途に対応しているため、多くの人々に愛用されています。また、パナソニックは、環境に配慮した製品を提供することを掲げており、コンポストリもその一環として、環境に優しい製品として高い評価を受けています。

生ゴミ処理機 一人暮らしでは?

一人暮らしの場合でも、生ゴミ処理機を使うことは可能です。

一人暮らしの場合、生ゴミの量は比較的少ないため、家庭用の小型生ゴミ処理機を選ぶことができます。例えば、パナソニックの「コンポストリmini」は、1日あたりの処理量が約200gと、小型でありながら十分な性能を持っています。

また、生ゴミ処理機は、生ゴミの分解により発生するニオイや害虫の発生を抑える効果があります。一人暮らしの場合でも、生ゴミ処理機を使うことで快適な暮らしを実現できます。

ただし、生ゴミ処理機を使う場合は、必ず取扱説明書に従って正しく使用することが重要です。特に、異物の混入や分解できないものの処理、熱源となる電源の異常などには注意が必要です。

生ゴミ処理機 安い?

生ゴミ処理機の価格は、機種や機能によって異なりますが、一般的には数万円から十数万円程度となっています。ただし、最近では、比較的低価格なモデルも多く発売されており、数万円程度で手軽に購入できるようになっています。

例えば、パナソニックの「コンポストリmini」は、税込みで2万円前後で購入できます。また、シャープの「プラズマクラスター除菌生ゴミ処理機」は、税込みで3万円前後で購入できます。

ただし、生ゴミ処理機を購入する際には、製品の性能や機能、サイズ、メンテナンスのしやすさなどを考慮して、自分に合ったモデルを選ぶことが重要です。また、購入後にも適切な使い方やメンテナンスを行うことで、長く使えるようになります。

生ゴミを冷凍以外で処理する方法は?

生ゴミを冷凍しない方法として、以下の方法があります。

生ゴミ処理機を使う: 専用の生ゴミ処理機を導入し、生ゴミを細かく破砕・分解して処理する方法です。臭いの発生を抑えつつ、肥料や排水に変換されます。

家庭用コンポストを使う: コンポストを利用して生ゴミを自宅で分解し、肥料に変える方法です。定期的に混ぜることで発酵を促し、臭いの発生を軽減します。

堆肥として土に混ぜる: 生ゴミを庭などの堆肥に混ぜて分解させ、自然なプロセスで肥料に変える方法です。臭いを発生させにくくするため、適切に管理が必要です。

使い古しの保存袋を再利用: 生ゴミを包む際に、使い古した保存袋を再利用することで臭いを封じ込めます。ただし、完全に臭いを抑えることは難しいかもしれません。

生ゴミ専用の臭わない袋を使う: 市販されている生ゴミ専用の臭わない袋を利用する方法です。これらの袋は臭いの発生を抑えつつ、生ゴミを包んで捨てることができます。

古新聞や広告に包む: 生ゴミを古い新聞や広告などで包んで捨てることで、臭いの拡散を防ぎます。ただし、完全に防ぐことは難しいかもしれません。

牛乳パックや古布を再利用: 牛乳パックや古い布を切って袋代わりにして、生ゴミを包む方法です。これにより臭いを封じ込めつつ、捨てることができます。

これらの方法は、冷凍以外で生ゴミの臭いや発酵を抑えつつ、環境に配慮した処理を行うための手段です。選択肢に応じて、自宅の状況や環境に合った方法を選ぶことが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る